どうも、そうすけです。

今日のは長いのでもくじです。

━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 4月に出す教材についてもっと詳しく
2. 何故、教材を無料で公開しないのか


━━━━━━━━━━━━━━━━

もくじを見て
「今回の内容はコミュニケーション関係無さそうだなー」
みたいに思うかもしれませんが、

大いに関係してます。


1については、人に何かを正確に伝えること
2は学び方

みたいな視点を持って読んでもらえると、面白いと思います。

(それで感想もくれると僕も面白くて嬉しいです。)


1. 4月に出す教材についてもっと詳しく

この前は教材出すよーって内容のメールで、
前回はコミュ障の悩みを募集するよーって内容のメールでしたね。


届いてなかったり(最近メール講座を受講し始めた人は届いてない可能性が高い)、
読み忘れてるって人はこちらから読めます。

・コミュ障改善教材つくります。無いから作ります。
・コミュニケーションの悩みを募集します!

さて、教材作って出しますよーと告知したところ、嬉しいことにたくさんの方から

「出たら絶対買います!!」
とか
「教材すごく楽しみです!」
みたいなメールをいただきました。

なんか嬉しいですね。(2回目)


ただですね、

教材についてどんな物かちゃんと伝わっていなかったようで、
こんなメールもいくつか頂きました。

━━━━━━━━━━━━━━━━

そうすけさん本出すんですね!

中高生に優しい値段って聞いて嬉しいです…
本屋さんってどんなジャンルでもアドバイス系になると一気に値段が高くなりますから…

一つわがままを言うなら
できるだけ早めに発売してほしいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━

そうすけさんが作るという本ですが販売したらすぐにでも買って何度も読み込みたいです(笑)
発売日が決まったら全体メールにでも書いて伝えてくれると助かります。

今出ているコミュニケーションの教材は中学生の自分が調べた限り値段が高いものばかりだったので、自分でも買えるのかと期待してます!

━━━━━━━━━━━━━━━━

めんどくさかったので、
貰ったメールをそのまま引用しました。


社会人の方なんかにはある程度伝わっているようですが、
学生の方々にはあまり伝わっていなかったようなので、
一度、教材がどんな物なのかしっかり説明しようと思います。

(きちんと相手に分かってもらえるまで伝えるのがコミュニケーションです。)


一番の誤解は
教材を「本」だと思われていたことです。

教材の内容は、
音声教材+イラスト付きレジュメ+音声の解説メール講座
と説明しました。


音声教材とは書きましたが、
「教材」=「本」みたいなイメージがあると誤解してしまってもおかしくはなさそうです。

これは僕の言葉が足りませんでした。


本を出すのは出版社と話をしたり、色々と手続きがあったりで、
個人ではなかなか出来るものではありません。

僕みたいな個人が出来るのは、
ネットを通じた電子書籍みたいなものや音声ファイルを教材として販売することくらいです。


音声教材というのは、
本よりもCDに近いです。

まあ、音声ですから。

CDがそのまま届くわけではなく、
実際にはMP3ファイルという形式でダウンロードしてもらったり、
ネット上から直接聞いてもらう形になります。


こんな感じで↓↓↓

「自分を愛する秘訣」

最近では、iTunesやX-アプリ、Amazonなんかでネットを通じてアーティストの曲を買うことが出来ますが、
あんな感じに近いです。

(あくまでイメージです)


そういうことで、
本ではなくCDですから値段とかも変わってくるわけです。

本は一冊 1000円〜2000円 とかで売っていますね。

CDはCDアルバムで 12曲〜15曲 とか入って、合計で 60分〜80分 くらいのものが 3000円 くらいで売ってます。

(僕が好きなYUKIやSMAPのCDはそれくらいの値段でした)

本一冊が 1000円 なのに、CDアルバムは 3000円 もする。
なんて高いんだ!!!
とは思いませんよね?

本とCDは全くの別物です。


そこで、気になるであろう値段についてです。

音声教材の相場というのはそもそもどれくらいなのかというお話をします。

人は違う物と比べることでしか物の価値を判断する事が出来ません。
そのために相場というのは存在するんですね。比較するために。


マクドナルドのハンバーガーの味が値段と釣り合っているかどうかというのは、
モスバーガーのハンバーガーやロッテリアのハンバーガーを食べて比べてみないと判断出来ないよ
ということです。

マックの期間限定のハンバーガーが400円

対してモスのモスバーガーが340円

モスバーガーの方が圧倒的に美味しいのに、
マックの方が高い!!!これはおかしい!!!
みたいな。(僕の主観です)


コミュニケーションの音声教材というのは、
僕が知ってる限りでは一つしかありません。

これです。↓

孤独にならないための友達の作り方

僕がよくオススメしている「人に好かれる会話術」という教材の作者である木多さんが販売している音声教材です。

合計3時間20分の音声で12800円です。

た…高っ!!!!

と、まず値段を見て思う方が多いと思いますが、
アーティストのCDアルバムなんかは60分〜80分で3000円とかなわけですよ。

僕が最近購入したペルソナ4のアレンジアルバムもそのくらいの値段でした。


で、木多さんの音声教材は 3時間20分 ですから、
分に直すと 180分+20分 で 200分。

アーティストのアルバムが 60分〜80分 で 約3000円。

だいたいで計算して、アーティストのアルバムも 200分 というボリュームだったら、
約9000円 くらいになるのではないかと。


もちろん、娯楽としての音楽と学ぶための音声ですから全く同じように考えることは出来ませんが、
3時間20分 で 12800円 という金額は
「ぼったくり価格ではないんじゃないか」
と思ってしまいます。


さてさて、ここで僕が作って販売しようと思っている音声教材はどんなものかと言いますと。

今の時点で音声が 約6時間30分 なんですね。

それにプラスして
この前募集したコミュニケーションの悩みに解答する音声を付けたとして、
最終的なボリュームは 8時間 くらいでしょうか。

分に直すと 480分 ですね。

それに更にプラスして

音声の一つ一つにイラスト付きのレジュメ
音声を解説するメール講座を付ける予定です。


なんかテレホンショッピングみたいで
自分で書いててちょっと恥ずかしいのですが、

そもそも最初からこんなにボリュームたっぷりに作るつもりはなくて、
気付いたらこんなボリュームたっぷりになってしまったんですね。


パスタを茹でる前に乾いた状態の麺を見て
「まあ、500gくらいなら茹でれるだろ」
と思って茹でてみたら

茹でることで麺が水を吸って
物凄い量の麺が茹で上がってしまった、みたいな。

(この前の僕です。2.2mmのパスタの500gを甘く見てました…。)


それで、この約8時間の音声+レジュメ+解説メール講座を一体いくらで売ったら良いんだろうか
と、僕は悩むわけです。

相場を考えてみると、

木多さんの音声教材が 3時間20分 (200分) で 12800円

アーティストのアルバムが 60分〜80分 で 3000円

僕が作っている音声教材+αが 8時間 (480分)


相場を基準にしてしまうと、
値段が大変な事になってしまうわけです。

試しに200分で12800円だとしたら、480分で何円になるでしょうか…。

とてもじゃないですが、
中学生や高校生には手が出るような値段では無いですよね。

お正月に貰ったお年玉を全部使ってやっと買えるかどうか。


流石にそこまで値段を高くして、
「中学生や高校生は頑張ってお金貯めてください」
なんて言えるほど僕は鬼では無いし、

そもそもコミュ障を治してもらうための教材なので、買ってもらえないと全く意味が無いわけです。

なので、学生でも頑張れば手が届くくらいの値段にはします。

(頑張れば、というのがポイントです)

というお話を伝えたかったのです。


これが、本一冊と比べられてしまうと、どうなるかと言うと

「本は一冊1000円で買えるのにちょっと高過ぎる!!!!そうすけさんは鬼だ!!!!!」

なんて思われて怒りの声が飛んでくるわけです。

そう誤解されちゃうと僕も困ってしまうので、今回きちんと説明しました。


結構長くなっちゃいましたが、
これで分かってもらえると嬉しいです。

少なくとも「本」ではないということが伝われば良いなあ…。


2. 何故、教材を無料で公開しないのか

無料で8時間分の音声教材を貰ったとして、全部熱心に聞いて学びますか?

ということですね。

ちなみに僕は無料で8時間分の音声を貰ったところで、まず聞きません。

「どうせ、無料だし」
と言って、途中で投げ出して存在すら忘れると思います。

今の時代はネットで大抵のものは無料で見れます。

本来なら一年でウン百万かかる大学の講義だって無料で見れたりします。


でも、無料で見れるからといって
喜んで学ぶ人なんてほとんど居ないんですよ。

ネットで探せば本に書いてあるような内容なんていくらでも出てきます。


じゃあ、
何故本を買うのか、
何故教材を買うのか
何故高いお金を払ってセミナーに行くのか

結局、お金を使わないと人間はなかなか勉強したり、
学ぼうとしないんです。


「勉強が好きで好きでたまらない!!」

って人なら別ですが。


例えば、
木多さんの12800円の音声教材を買ったら、
「高いなー」と思いつつも12800円分元を取ろうとして必死で聴くと思います。

何度も何度も聞くと思います。

でも、それが無料でポンと普通に配布されてたら、
そんなに熱心に聴いたりはしませんよね。


8時間分の音声教材なんて
それこそ全部聞くかどうかも分かりません。

僕も教材を本気で作っているので、「どうせ無料だし」と言って聞かれないのは悲しいです。

何回も何回も聞いて学んで行動してくれれば、
絶対にコミュ障が治りますし、
コミュニケーション力がググーンとアップするような教材
を作ってます。


コミュニケーションレベルで言えば、
1とか2だった人が5とか6くらいまでいく感じです。


だから、一生懸命な人に教材を買ってほしいし、学んでほしいので、
今回は有料で販売することにしました。


僕はサイトに記事を100記事以上アップしていますが、

その全てを何度も読んでいて、

メール講座を何度も何度も読み返している

なんてめちゃめちゃやる気がある人には、無料で全部教材を渡しても良いくらいに思ってます。


そんな人だったら何回も何回も聞いて学んで行動してくれますし。

でも、そんな凄い人はほとんど居ないのです…。


ということで、何故無料にしなかったのか
というお話でした。


余裕で買えちゃうような値段にすると、しっかり学んでもらえないし
かと言って高くし過ぎると、そもそも買えない…となってしまうので

有料にするにしても何円にすれば一生懸命学んでもらえて、
なんとか買えるくらいなのかというのに悩んでます…。


PS.

メール講座やサイトの記事を更新したり、届いたメールに(たまに)返信したりしていて

「人に自分が伝えたいことを伝えるのは難しいなー」

と毎回思います。


コミュニケーションを人に教えている立場の僕ですら、
「人に本気でなにかを伝えるのは難しい」と感じます。

今回は僕なりに例を使ってみたり、
分かりやすい言葉に置きかえたりして、

文章で一生懸命伝えてみました。

どうでしょうか?伝わりましたか?

「ちっともわからない。ちんぷんかんぷん。」

という感想を持たれてしまったら、それは僕の勉強がまだまだということです…。これからも頑張ります。


あと、「教材を早めに出してくれると助かります!」というメールが何通かきました。

まだ分からないので、ハッキリと言えませんが、
4月の頭あたりになると思います。

とりあえず、これからのメールを忘れずにチェックしてもらえると、
「購入出来なかった!」という問題が無くなると思います。