a0055_000544男性が女性に抱く理想があるように、女性だって男性に抱く理想があります。その1つに「器の大きな男性」が挙げられます。とは言っても、どういう男性が器の大きな男性なのでしょうか。その基準はとても曖昧です。そこで今回は、女性の前ですると「この人、器が小さくない? 」と思われてしまう男性の特徴をご紹介します。
○逃げるが得と考える男性

後輩や部下のミスであったり、得意先やお客様のクレームなどが起こった時、また自分自身のミスが発覚したときと言うのは人の器が試されるときでもあります。そんなとき、あなたの彼や知り合いの男性はどうしますか。
続きを読む

クレームの電話がかかってきたとき「いないって言って」「会議中だからとりつげないって断って」と逃げる男性。「部下の○○のミスで……」と自分は関係ないと言う態度は、器が小さく感じてしまいます。大変な時こそ、真摯な対応ができるかどうか。そこで器の大きさが見えてきます。

○喜怒哀楽の「怒」と「哀」ばかり人に向ける

器が小さい人の多くは、心に余裕が持てていないと感じることがあります。怒ることがダメなのではなく、人ごみでぶつかった時に舌打ちしたり、「いってなー! 」と切れだしたりする等、理不尽な怒りを他者に向けてばかりの人、逆に自分を悲観的に見て「どうせ俺なんて……」という態度の人は、見ていても器が小さいと女性は感じてしまいます。

怒りや哀しみを感情的に伝えるのか、客観的に伝えるのかを判断できる人こそが、器が大きい人です。
○非を認めない

自分が悪かったことを絶対に認めない男性は、女性からとても器が小さいと冷めた目で見られます。

私自身会社勤めをしていた頃、上司の勘違いで怒りをぶつけられたことがありました。きちんと説明をして疑いが晴れたのですが、その上司からは「申し訳なかった」と言うことなく、罰が悪そうにその場を去って行かれたことがあります。

人として基本的なこともきちんとできない上司のもとで働いているのかと、残念な気持ちになりました。逆に同じようなことがあった時、「そうか、すまなかった」と口にしてくれた上司もいらっしゃり、こちらとしても勘違いされないように行動しなければと気持ちを改めることもできました。

このように、非を認めることは負けだと勘違いする人もいますが、決して負けではありません。むしろ、意地ばかり張っている男性は一本筋が通っているどころか、ただただ器の小さい男性としか見られていません。
○「意見をするやつは敵」と判断する男性

人からされる意見というのは、多角的に見るための材料と考える人もいれば、「俺の意見に反論する気かよ! 」と感じる人がいます。

「三人寄れば文殊の知恵」と昔の人が言ったように、一人では一方向しか考えが出てこないことも、3人集まって相談しただけでよいアイデアが出てくるものです。しかし、自分の出した意見に対して「例えば、こういうのもあるんじゃない? 」と提案しているにもかかわらず、「それって、俺の意見がダメってこと? 」とくってかかる人は、見ていると器が小さいと感じてしまうので、もし絶対的な自信を持った内容であっても、一言「なるほど」と相手の意見を受け止めることで自分の意見を展開出来ますし、「器が小さい」とは思われなくなります。

デートで割り勘にする、すぐにキレる……。女性は、色々な男性の言動で「器が小さい! 」と思うことがありますが、大人の女性に限定すると、主に勝ち負けで判断する男性や、感情をうまくコントロールしない男性を器が小さいと思う傾向があります。
器の大きな男になろうと背伸びをし続けるのは、ちょっとしたボロが出たときに「器が小さい男性」と思われますので、まずは人に「ありがとう」「ごめんなさい」を口にすることから始めてみてください。ただそれだけで、器の小さい男性扱いをうけることはグッと減りますよ!

『【レポート】女性から「器が小さい」と思われる男性の特徴』

http://news.nicovideo.jp/watch/nw912137

 




bn「ふむふむ、確かにすぐにキレる人とか、人の意見を一切受け付けない人は器が小さいと思うお」

 




d7「これ全部持ってるってやつはそうそういないだろうが、どれか一つなら持ってるって人結構多いだろうな」

 




sm 「さて、今回はまともな記事だね」

 




sm「器が大きいか小さいかってどうしても主観で判断する事になるから難しいんだよね」

 




bn「そもそもハッキリとした基準があまりないし、誰が見るかで同じ基準でも判断が変わったりするからお」

 




d7「まぁ、だからだいたいのニュアンスで考えるしかないだろうな」

 

 




sm「そこはしょうがないね。だからだいたいでいくよ」

 

 




器の大きい男とは…?





sm「この記事の中では、〜な男は器が小さいって書き方をしてるから、逆にどういう男が器の大きい男なのか話していこうか」

 




sm「単純に記事に書いてある特徴の逆を考えたら分かり易いね」

 

 




sm「えっと、そうなると『何かあった時に逃げずに真摯な対応をする』『喜怒哀楽の喜と楽を人に向ける』『自分の非を認めることが出来る』『他人の意見をきちんと受け入れることが出来る』って感じかな」




bn「逆にするだけで上手くいくか微妙だと思ったけど聞いてみるとなかなか納得の結果だお」

 




d7「なるほど。まぁ、一般的な器の大きい人のイメージで考えるとだいたいしっくりくる感じだな」」

 




sm 「うん。これぞ器の大きい人って感じだね」

 

 




謝れない人が増えている





sm 「この中で特に気になったのは『自分の非を認めることが出来る』ってとこかな」

 




sm「これ簡単そうに見えるけど、意外に出来ない人が多いんだよね」

 

 




bn「他人に謝れない人が増えてるって言うからお」

 

 




d7i「そういうやつはだいたい『なんで自分が謝らなきゃいけないのかわからない』とか言うんだよな」

 




smn 「そうそう、明らかに自分が悪いのに意地になって絶対に自分の非は認めようとしないんだよ」

 




bna「基本的に自分が悪いっていう発想がもともとないんじゃないかお」

 

 




d7i「確かに自分の非を認めない奴ってのは自分と自分の意見に絶対の自信を持ってるんだろうな」

 




d7i「じゃなきゃそれを貫き通そうなんてしないだろ」

 

 




smi 「自分が悪いってわかってても非を認めないことはあるんじゃないかな」

 

 




smi 「悪いって頭では思ってても心ではそれを認めるわけにはいかない時とかさ」

 




sm  「けど自分が悪いと思った時に素直に謝る事が出来ない人は絶対に人間関係で失敗するから気を付けた方が良いと思うんだ」

 




smn 「でも俺がこうやって言っても『そうだよなあ』って思ってくれるのは日頃から自分の非を認めて素直に謝れる人だけなんだよね。悲しいことね」

 




bna 「まぁ、他人の意見を受け入れられず、自分の非を認めて謝れないからこその器の小さい人だからお」

 




d7a「自分の非を認められない奴って基本的に他人の意見をあまり気にせずに生きているからな」

 




smn「そうだね。自分の非を認められない人ってこういう事を言っても、自分が言われてると思わない人がほとんどなんだよね」

 




謝れない人は心の弱い人





smn 「自分の非を認めて素直に謝る事が出来ない人は、一見強そうに見えるけど心が弱いって人に多いかな」

 




smn 「自分の非を認めてしまったら、自分の取り繕った見せかけの強さが崩れてしまうと思うんだろうね」

 




bn「ほうほう、相手を受け入れず自分を曲げないことによって自分を守っているってことかお」

 




d7「だな。自分に自信がないから形を取り繕って内側から必死にささえてないと崩れちまうんだろうな」

 




d7「まさしくハリボテって感じだな」

 

 




sm 「うん、そうだね。中身がなきゃいくら取り繕ったってささいなことで崩れちゃうから意味がないよね」

 




sm 「自分の非を素直に認めることで反省出来るし、成長していけるわけだからね」

 




sm 「素直に謝るのは勇気の要ることだけれど、とても大事な事だからよく覚えておこう」

 





氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。