ども、そうすけです。


毎日メール月間15日目です。
あと半分頑張って乗り切りましょう。


前々からたまーに

「相談メール送ったんですけど、返ってこないです」

とか

「なんで相談メール送ったのに返してくれないんですか?」

なんてメールが届くんですね。


今まではそれについて何も触れてなかったんですけど、
流石にめんどくさくなってきたので、
そろそろ触れようかと思います。


僕は自分の事だけしか考えられていない人に対して、
決して優しくしようと思いません。


というか多くの人がそうだと思います。


相手のことを一切考えずに自分の要求だけ通そうとしても、
まず誰も聞いてくれません。


僕をはじめ、多くの人が助けたくなる人というのは、

「相手に対する思いやりが持てる人」です。


相手のことを考えるというのは、簡単なことではありません。
だから自分なりに考えたつもりでも
実は間違っていたなんてことが多々あります。


ですが、間違っていようとズレていようと一生懸命相手のことを考える
という姿勢が大事
なのです。


その姿勢が思いやりに繋がります。


相手のことを最初から考えようとしていないというのは、
もはやコミュ障以前の問題です。
コミュ障だから考えられないとかコミュ障のせいにするのはやめましょう。


流石にその段階から懇切丁寧に教える気は無いです。


相談メールを送ってくるというのは自由ですが、
それと同じように僕が答えるか答えないかというのも自由です。


だから返信を催促されても困りますよ、ということでした。


僕としては毎日メールを送ってくれるけれど、
こちらから何もレスポンス出来ていない人に「なんとかレスポンスを返したいなー」と考えます。


ということで、返信の引用をば

—————–

こんにちは、吉澤淳一です。

いつもメールありがとうございます。



>ということで、調子の良い時はどんどん調子に乗ってください。

>調子の良い時はいっぱい自分を褒めて調子に乗ってください。


>昨日より少しでも人と話せたら自分を素直に褒める
>初めからハードルを高くしちゃいけません。


>こんな感じで自分を褒める習慣をつけていきましょう。
>素直に自分を褒められる人は他人も素直に褒められるんですよ。



心屋仁之助さんのコミュニケーションの漫画の本にも描いてありましたね。



自分の文章が短くてすみません。



僕のメールに毎回つきあってくれてありがとうございます。

ではでは!
                    吉澤淳一

—————-

吉澤さんは5月28日から毎回のメールに欠かさず返信をしてくれているんですけど、
初めて今回返信メールの引用と言う形で取り上げます。


吉澤さんは毎回「自分の文章が短くてすみません」と謝罪の一文が入ってます。

これはたぶん「みんな長くてきっちりしたメールを送っているのに自分は…」という負い目みたいなのを感じているのだと思います。


全然、気にする必要ないですよ。


文章の長さなんて人それぞれです。
そもそも返信メールなんて自分が考えた事とか思った事を
そのまま書いてくれればいいのです。

その結果として短くなったならそれでいいんです。
なにも気に病む必要はありません。


それよりも短い文章でも毎回のメールに返信しているというのが
素直にすごいなーと思います。
僕もここ15日間継続してメールを書いているので、
継続することの大変さは身に染みて分かります。


短い文章ながらたまにエンジェルハイロウとかガンダムの話を挟んでくれるので、クスッとします。
僕のメールに毎回返信してくれてありがとうございます。


、、、なんかただの返信に対する個人的な返信になってしまいました。



では次にいきましょう。

———————

そうすけさん、おはようございます。
Hello, Sosuke.

さやかです。
This is Sayaka.
今日もメールありがとうございます。
Thank you for your e-mail.


自分を褒めるのって本当に難しいことだと思います。
全く褒めないのもしんどいし、褒めすぎても調子乗って何も努力しなくなってしまうし。

私の周りにいる人達も自分を褒める人達を「ナルシスト」と呼びます。それが怖くて自分を謙遜することしかできない人をたくさん知っています。私もその一人です。

その中で、それに負けず「今に見てろ」って笑っている人もいます。心から尊敬します。その人みたいにもっと自分を強く持って前進します!

I think that to prise myself is very difficult. It is tired not to prise myself at all. And I am elated and no effort by extolling myself too mach.
Everyone calls “ Narcissist” the people who commend themselves. A lot of people afraid of that and only humble themselves. I am one of them too.
However, there are some people laughing and saying “Just you wait.” I respect them from the heart. I want to progress like them!


最後までお読みいただきありがとうございました!
Thank you for your reading.


次回のメールも待ってます!
I can’t wait next e-mail!

さやか
Sayaka

——————–

ええとですね、さやかさんから前に

>私は今英語を勉強しています。しかし、学校のスケジュール的にも英語教室に通う時間とお金がありません。
>コミュ障治して、外国の方と話してみたいです。その準備と努力はもうはじめていますが、外国人の友達や知り合いを探すのにも苦労しています。
>そこで、そうすけさんへの返信に英語を取り入れさせていただきたいのです。

とメールがきましてそれに了承しましたらこんな感じでメールがくるようになりました。


僕自身、英語が全然出来ないので勉強になってます。
僕がどれくらい英語が出来ないかというと英検三級を5、6回落ちるレベルです。


ははは…笑えよ……


余談ですが、僕のメール講座を受けてくれてる人の中に留学経験があったり、
留学してたりする人がちょいちょい居ます。

海外の人とコミュニケーションを取れるようになりたい!という志があるようで。

僕は出来れば日本から出たくないと思ってしまうので結構尊敬してたりします。

俺も今更だけど、また英語勉強しようかなぁ…。


とうことで本題に入ります。

>自分を褒めるのって本当に難しいことだと思います。
全く褒めないのもしんどいし、褒めすぎても調子乗って何も努力しなくなってしまうし。

> 私の周りにいる人達も自分を褒める人達を「ナルシスト」と呼びます。それが怖くて自分を謙遜することしかできない人をたくさん知っています。私もその一人です。

>その中で、それに負けず「今に見てろ」って笑っている人もいます。心から尊敬します。その人みたいにもっと自分を強く持って前進します!


自分の褒め方にはコツがあります。

「俺ってすごいじゃん!これからもっと出来るように頑張るぞー!」

これでOKです。

自分を褒めて、その後に続けて「頑張ろう!」って決意表明をするのです。
これを繰り返すことで自分を褒めつつ、ずっと努力し続けられます。


自分を褒める人のことを「ナルシストだ」と言う人というのは、
本当は自分も自分の事を褒めたいのに褒められないから
他の人が自分自身を褒めているのを見るのが気に食わないのです。

えー、要はアレです。嫉妬です。
足を引っ張ってるだけです。


なのでそういう人達に負けてはいけません。


というか元々が「自分のことを褒められない…」って悩んでる人が
ナルシストなわけないんですけどね。


まあ、後は別に声に出さずとも
自分の心の中で自分を褒めればいいのですよ。


あとは、頑張ったら必ず、自分へのご褒美を買ってあげるのです。
自分をちゃんと褒めて、ご褒美をあげるってのが何でも上手くいくコツです。



おわり



PS.

久々に恋愛相談コーナーです。

————-

こんばんは!
大学四年生の徳永です!


私はいま恋愛してないです。
したいとは思っているのですが、なかなか好きな人ができません。
最後に彼氏と別れてから2年以上経ってます。


就活生になり大学に行かなくなって出かけることもあまりなくなったので、出会いを求め街コンに参加しました。
何人か連絡してくれて飲み行こうと言ってくれたのですが、まず顔が好みじゃないので行く気が起きなくて断ってしまいます。


友達には理想が高いと言われてしまいます。


顔は普通以上じゃなきゃやだとか、女友達多い人はいやとか、女々しいの無理!って思ってしまうからでしょうね
ハードルを下げなきゃとは思うものの、なかなか下げることができずにいます。

でも、妥協して付き合いたくもないのです。

———–

僕も昔から友人に

「そうすけは理想が高過ぎる」

と散々言われてきたので、気持ちはよーく分かります。


そんな僕からのアドバイスは、
初めのハードルだけは下げておくということです。

付き合うかどうかのハードルは色々あるかもしれないけど、
とりあえずそれは脇に置いておく。
付き合えるかどうかなんて後で仲良くなってから判断すればいいんです。


顔が好みじゃないとか色々あるけど、

「とりあえず飲みに行ってみる」とかね。


相手が好きになれそうじゃなくても、
とりあえず相手と二人で飲みに行ってみる
とりあえず二人で遊びに行ってみる

それで相手と色々話してみて、
そこで判断するのです。


別に最初っから好きになる必要なんて無いんですよ。
まずは相手とちゃんと話して相手を知る。
そこからです。


そうしていたらすぐに彼氏が出来ると思いますよ。



ではではー


氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。