a0150_000094こんにちは。そうすけです。

最近寒くなってきてようやく夏も終わりましたね。
そろそろ朝起きるのが辛くなってきます・・・
寒い日の朝の暖かい布団の誘惑というのは、かなり意志を強く持たなければ屈してしまいます。



ということで、今回は寝坊のお話です。

目覚ましをかけても寝坊してしまう

ついアラームを消した後に二度寝してしまう

予定が有ると起きれるけど、予定が無い日はどうしても起きれない

…身に覚えがありませんか?

 

僕は予定があると起きれるけれど、予定が無いとなかなか起きれないタイプです。

寝坊癖がついて予定があるにも関わらずどうしても寝坊してしまう人が居ます。

そもそも目覚ましに気付かなかったり、気付いても止めてすぐに二度寝してしまったり。

大切な予定がある日に何時間も寝坊してしまうのは、致命的です。

 

どうしても寝坊したく無い日ってありますよね?

もし気になる人とのデートの日に寝坊してしまったら・・・

もし恋人との約束がある日に寝坊してしまったら・・・

考えただけで恐ろしい事態です。

そこで少し手間がかかりますが、
ほぼ確実に起きることが出来て二度寝しない方法をお教えします。

 

━━━ 必要な物 ━━━

・目覚まし時計×3

━━━━━━━━━━━

 

必要な物はこれだけです。
目覚まし時計は多ければ多いほど確実です。
ちなみに僕は4つ使ってます。

 

まずは目覚まし時計の二つを起きたい時間にセットします。そして残りの一つを起きたい時間の5分後にセットします。

自分が寝ている部屋に目覚まし時計三つをバラバラなところに置く

これだけでOKです。
ベッドから出て歩かないと止められない場所に置くのがポイントです。

目覚まし一つだと気が付かないこともありますが、流石に二つ同時に鳴らせば大抵の人は目が覚めます。

ベッドから届く位置に目覚まし時計を置いていると気付かないうちに止めていたりするので、必ずベッドから歩かないと届く位置にセットしましょう。

 

そして万が一二つの目覚ましに気が付かなかったりしても残る一つの目覚ましが保険になります。

目覚ましは止めるのに複雑な動作をする物だと更に良いでしょう。

 

ベッドから出て目覚ましを止めたりしていると自然と目が覚めてきます。

目覚ましを止めたらトイレに行く、水を一杯飲む、といったことを習慣にすると更に目が覚めやすくなると思います。

 

僕は予定が無い日はモーニングコールをしてもらってもアラームを10回かけても起きられなかったのですが、この方法で確実に起きれるようになったので、朝起きられない人はどうぞ参考にしてください。



氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。