ども、そうすけです。


想像してみてください。



・・・

・・・・・

・・・・・・・



あなたが今立っているのは、30階建てのビルの屋上の端っこ

下を覗くと地上を歩く人が米粒のような大きさに見える


あなたは道でぶつかったことで因縁をつけられて、

三人の悪漢に追われていていた

走って走って逃げてきたのがこの30階建てのビルの屋上である

幸いにも悪漢たちはまだ屋上まで辿りついてきていないが、

あと3分もしないうちに追いついてくるだろう。


隣に建つビルの屋上もちょうど同じ高さで、

今あなたが立っている屋上の橋から隣のビルまで約3mの距離がある。


隣のビルの屋上に飛び移って、隣のビルに駆け込めば

なんとか悪漢達を撒くことが出来そうだ。


だが隣のビルの屋上までの距離は3mある。

助走をつけて思いっきり飛べば飛び移れそうな距離だが、

生半可な助走で飛ぼうものならまっさかさまに落ちていってしまうだろう。

失敗した時のことを想像してしまったあなたは恐怖で足が震えてしまっている。


もうすぐあなたに追いついてくるであろう悪漢たちは、

見るからに普通の人ではなく、あなたを捕らえたら何をしてくるか分からない。


悪漢たちがあなたに追いつくまでもう時間がない。




こんな時、あなたならどうしますか?



・・・

・・・・・

・・・・・・・



あなたはきっと勇気を振り絞って飛ぶのではないでしょうか。

おそらくほとんどの人がここまで追い詰められたら飛ぶと答えるでしょう。


しかし、後ろから追いかけてくるのが悪漢では無く、

なよなよした貧相な見た目のストーカーだったら?


何が言いたいかと言うと、

人は怖いと思っていても、それ以上に怖いことが起きるならば、

行動出来てしまう
ということです。


「失敗するのが怖い」

「バカにされるのが怖い」

「嫌われるのが怖い」


だから行動出来ない


残念ながら怖くなくなる方法なんてものはありません。


じゃあ、怖くて動けない時はどうすればいいのか

自分が行動しなかった後の事を想像するんです。


今のままずるずる過ごしていたらどうなってしまうのか

じっくり想像してみてください。



そうですね・・・。

あなたに好きな人が居るとしましょう。

好きで好きでたまらなくて、四六時中その人のことを考えてしまう。

でも、一歩踏み出すのが怖くてどうしても話し掛けられないでいる。


そんな状況であれば、

好きな人が自分以外の人と仲良くなって

デートをして、付き合って、

幸せそうにしているのを毎日のように目にする想像をしてみましょう。

30分くらいかけて念入りに、じっくり想像しましょう。

きっと、一歩踏み出すよりもずっとずっと怖くなると思います。



怖くて行動出来ないと悶々としているくらいなら、

行動しなかった後の想像をしてみましょう。

5年後、10年後の自分はどうなっているのか・・・。



行動しなかったとしても、

そんなに怖い結果にならないのだとしたら

わざわざ行動することも無いと思います。


是非試してみてください。



PS.


人が行動するのは恐怖だけではなく、

実はもう1つあります。

なんだと思いますか?



ではでは


氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。