ども、そうすけです。

最近、僕のところに

「好きな人が居るんですけど、どうしたらいいですか?」

みたいな質問が数人からきていました。

えええ…….そこ丸投げしちゃうの…。


こういう質問に毎回答えていたら

『LINEではどんなこと話せばいいですか?』

とか

『デートはどうすればいいですか?』

みたいな事までそのうち聞かれそうで怖いなあ

と思って、答えていませんでした。


ただまあ、コミュニケーションを教える立場として

恋愛の基本のところだけでも記事にしたら需要があるかもしれないな

と思ったので今回記事を書こうと思います。



好きな人と付き合うための二つの(重要な)ポイント



1. 相手にきちんと好意を伝える

2. 相手を好きになり過ぎない

一つ一つ解説していきますね。


1.相手にきちんと好意を伝える


恋愛には色々なテクニックがあります。

そういったテクニックは恋愛の本を読んでみたり、

ネットでちょっと調べれば山ほど出てきます。


しかし・・・

そういったテクニックの全てが有効かと言うと、

そうではありません。(実体験)


一部有効なものもありますが、

「このテクニックすげえ!!これさえ使えばどんな人とでも付き合えるじゃん!!!!」

なんてものはまずありません。


そういったテクニックをひたすら学ぶよりも遥かに重要で、

意外と多くの人がやらないことが

相手にきちんと好意を伝えること

です。


「え?好きな人に好きって言っちゃったらそれって告白になっちゃうんじゃ……?」

という疑問が出てくるかもしれませんが、告白にはなりません。


好意を伝えると言っても

「付き合ってください」

と言わなければ告白にはならないので大丈夫です。


どうやって相手に好意を伝えていくのかというと、

「○○○ちゃん(好きな人)はこういうところが可愛いよね」

「○○○ちゃんの服のセンス好きだなー」

「○○○ちゃんのドジっぽく見えて意外としっかりしてるとこ凄く好き!」

「○○○くん(好きな人)って頼りになるね」

「○○○くんってスーツ着てるとカッコいいよね!」

「○○○くんって意外と真面目なとこあるよね。そーいうところ好きだなー」

といった感じで好きな人に対して直接、

自分が相手を好意的に思っているということを伝えていきましょう。


友人に

「○○○ちゃんのこういうとこがすげー可愛いんだよね」

とか

Twitterに

「あー、ほんと可愛いわ…」

なんて言うのではなく、

そういった事は本人に直接伝えましょう。


人は人に好かれたり褒められたりして悪い気にはなりません。
(嫌いな相手とかならまた別になりますが)


そして、返報性の原理というものもあります。

良いことをしてもらったら、自分も相手に良いことをしてあげないと……
と思ってしまう心理のことです。

好きになってもらうということは、良いことなので、相手も何か返そうという気になります。


そして何より、

「相手にきちんと好意を伝えること」をやらない、

又はそもそもこれがどれほど強力な効果があるのかを知らない人が圧倒的に多いのです。


相手になかなか好意を伝えられないというのは日本人の気質であるとも言えます。

イタリア人と比較したら一目瞭然ですね。

日本人は相手の事を好きになってもなかなか好きと言い出せなかったり、

相手に対する好意を伝えられません。


しかし、イタリア人はちょっとでも気に入った人が居るとすぐに声を掛けて口説いたり、

サラッと「君はほんとにチャーミングだね」などと言ったりします。

なにもイタリア人になれ!とまでは言いませんが、

相手にきちんと好意を伝えていくというのは非常に効果があるのは確かです。


日本人は相手になかなか好意を伝えられない人が多いというのは、

裏を返せば「直接好意を伝えられることに慣れている人が少ない」と言えます。

面と向かって「カッコいいよね」とか「可愛いよね」と異性に言われた経験が豊富という人はなかなか居ません。

だからこそ「相手にきちんと好意を伝える」ということに効果があります。


……恥ずかしくてそういうことは言えない?

そりゃあ相手に好意を伝えることをやってこなかったのであれば、

恥ずかしいのは当たり前です。


でも、何度も繰り返すうちに徐々に慣れていきます。

最初は「恥ずかしくてとてもじゃないけど自分には出来ない!」なんて思うかもしれませんが、

大きな効果が見込めるし、やっていくうちに段々慣れていくので、

恥ずかしいのを我慢して是非やってみてください。


2.相手を好きになり過ぎない


1の「相手にきちんと好意を伝える」が行動だとしたら、

2の「相手を好きになり過ぎない」というのはマインドです。


まず、相手を好きになり過ぎると、

1の「相手にきちんと好意を伝える」というものが困難になります。

「○○○ちゃんのこういうとこ好きだなー」

みたいな事も

「お、おおお、俺…!!○○○ちゃんの……こういうとこ、好き!です……。」

みたいな感じで本気になり過ぎて告白みたいなトーンになってしまったりします。

これでは相手に好意を伝えていくことは難しいです。


そして、おそらくこれが一番の問題ですが

好きな人のことを好きになり過ぎると、好きな人のことをちゃんと見えなくなってしまいます。


これに関しては実際に体験出来ます。

自分の顔の30cm先くらいに人差し指を立てて、人差し指を見つめてみてください。

これが相手のことを度が過ぎない程度に好きな状態です。

次に、自分の顔の1cm先に人差し指を立てて、人差し指を見つめてみてください。

これが相手のことを好きになり過ぎてしまった状態です。


やってみると分かりますが、あまりに指が近過ぎると指がぼやけてよく見えなくなってしまいます。


人差し指を少しでもよく見ようとして、近くに近付けていくと、

よく見ようとしていたはずなのに、逆によく見えなくなってしまいます。


これは恋愛にも同じことが言えて、

相手を好きになるあまりに気付くと相手のことがよく見えなくなってしまっています。

そして、よく見えない部分は自分の想像で補おうとします。

要するに美化してしまうわけですね。


一度も話したことが無くても、

顔が自分好みで、笑顔が物凄く可愛かった。

すごい好き!付き合いたい!!

「こんな綺麗な笑顔が出来る子はきっと性格も良いに違いない!」

などと思い込んでしまうわけです。

ええ、これは僕の経験談です。


こんな状態では、好きな人にまともにアプローチするのすら難しくなります。


話しかけるのも困難。

好意を伝えるのも困難。

メールやLINEのやり取りも無難な事しか言えない。

挙句の果てにいつの間にかメールアドレスを変えられてメールが届かなくなっている・・・。

ええ、これも僕の経験談です。


好きな人を一歩離れて冷静に見てみると、

ちゃんと好きな人が見えるようになります。


好きな人と付き合いたいのであれば、

付き合った後にちゃんと自分とやっていけそうなのか

性格の相性は良さそうなのかということも考えなければいけません。


好きな人をとことん好きになって美化して好きで好きでたまらなくて、

そうしていざ付き合えたら自分が思っていた感じにならなくて、

結局すぐに別れてしまう。

・・・なんてことはよくあることです。

こういうのってお互いに辛いですからね。


笑顔がほんとに可愛くて好きなんだけど、

好きな人をよく見てみたら、陰口を平気で言うし、

友達同士で人のことを見てコソコソ笑うしで、

人としてはちょっと好きになれないなーとなることもあります。

人としては好きじゃなくて、むしろ嫌いなんだけど、

笑顔が可愛いからやっぱり好きで…..忘れられない…….

なんてなると最悪です。

5年、6年くらいズルズル苦しいまま引きずることになります。

この状態になってしまったら、距離を取って、

好きな人を視界に入らないように考えないようにして、

他の人に意識して目を向けるしかないです。

もちろんこれも経験談です。


ということで、

「相手を好きになり過ぎない」というのはとても大切です。


「じゃあ相手のことをいつ本気で好きになれば良いの?」ということですが

それは、

付き合えた後にもっともっと好きになれば良いんです。


相手と付き合ったことで見えてくる部分はたくさんあります。

綺麗好きだと思っていたら、意外と自分の部屋に関してはだらしなかったり。

お淑やかだと思っていたら実は下ネタが大好きで下品だったり。

他人に対して冷たいと思っていたら、凄く自分に尽くしてくれたり。

あまり喋らないと思っていたら、凄く喋る子だったり。

外では取り繕っていても、付き合いが長くなってくると、

付き合う前は全然知らなかった相手の一面がどんどん見えてきます。


家で家族と話している時の自分と、

外で友人と話している時の自分は全然違ったりするのと同じことです。


付き合わないと相手の分からないところがいっぱいあるならば、

付き合って相手のことをどんどん知っていくうちに

もっともっと好きになっていけばいいのではないでしょうか。



まとめ


好きな人と付き合うためには

1.相手にきちんと好意を伝える

2.相手を好きになり過ぎない

という2つがポイントです。

この2つを常に意識して恋愛をすると、

好きな人と付き合えて、

付き合った後にもっともっと好きになって、

お互い幸せになれると思います。


PS.

小学校から高校くらいまでの間だと、

「異性とちょっと話しているだけで変な噂を流される」

「異性と表立って話をすることの出来る雰囲気ではない」

みたいな変な空気があったりします。

(実際、僕が通っていた中学校や高校がそういうところでした。)

そういう空気があって、相手に好意を伝える事とか本当はしたいけど、

学校での立場とかクラスの空気的にそういう事が難しい……。

みたいな問題が出てきます。

そういう時はどうすれば良いか

ということですが、

こればかりは僕にも分かりません。

というか、解決方法があるなら僕も当時知りたかった……。

恋愛というのは、人それぞれ状況も違うし相手も違うし、恋愛をする自分自身も違います。

なので、万人が上手くいく方法なんてものはありません。


地図を見て目的地に行かなければ行けないとなった時に、

どの方角に行けば良いのかという事を教えることは出来ますが、

どういうルートでどこを通って行かないといけないというところまで教えることは出来ません。

結局、自分自身がどうにか試行錯誤して目的地に向かっていくしかないんです。

もし、目的地への道筋まで丁寧に教えてくれる人が居たとして、

上手く目的地に辿り着けたとしても、また次の新しい目的地に向かうことになった時に、

自分の力で向かうことが出来なくなってしまいます。


恋愛もコミュニケーションもだいたいの方角を学んだら、

自分なりに考えて、自分の力で歩いていくしかありません。

僕は最初の一歩を踏み出そうとしている人の背中をそっと押してあげることしか出来ませんが、

この記事を読んだ人、ブログを見てくれている人、メール講座を受けている人の事を陰ながら応援しています。



あ、こちらの記事も読んでおくといいですよ

異性と二人で遊びに行くときの話題!事前に準備しておくことで心に余裕が出来るぞ!
初めてのデート!鉄板なのはやっぱり映画?
はじめてのデートはボス戦です

いつ気になる人とデートをすることになるかは分かりません。

事前に備えておくのをオススメします。イメトレは大事です。



ではでは!


氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。