こんばんは、そうすけです。


店員さんに断る機会が多いなあと感じる今日この頃です。

僕の場合はカードショップだったり、家電売り場で断ることが多いんですが、

ほとんどの人は服屋だったり靴屋で断る機会が多いのではないでしょうか。


服屋なんかだと、

ただ見ているだけでも店員さんが話し掛けてきて

「このお洋服なんかお似合いですよー」

なんて言って付いてくること多いですし。

そんで今日は買う気じゃなかったりすると

「どうやって断ってお店出ようか」なんて考えたり。


コミュ障にとって店員さんに断るって

結構大変なことだと思うんですよね。

僕でもたまに

「ここまできて断りづらいなあ、なんて断ろうかなあ」と悩んだり。


ということで、

今回はお店の店員さんに断る時の

スマートな(←ここ重要)断り方を考えていこうかと思います。


状況設定としては、

服屋に着て店員さんに色々オススメされたものの

今日は買わないでお店を出る

って感じで。


———-

その1 「いらないです」と一言


一言で店員さんに意思が伝わるというのは良いことですが、

なんだかちょっとトゲがあるように感じますね。


その日限りのお店だったら

これでも良いかなーと思わないでもないですが、

よく利用するお店だとしたら

あんまりカドが立つような断り方はしたくないものです。


オススメ度 ☆☆★★★ 

———-

その2 「結構です」と一言


僕がとっさにやる断り方です。

「あー、じゃあ結構です」みたいな感じで。

「いらないです」よりもカドが立たないような感じはするんですが、

どうにもたまーに伝わらないんですよね。


「結構です」とか「大丈夫です」って使いやすいんですけど、

一回で伝わらなかったりして

そこがめんどくさかったりもするんですよねー・・・。


オススメ度 ☆☆☆★★

———-

その3 「うーん。今日はやめておきます」


僕はあんまり使いませんが、

個人的にかなり良い断り方なんじゃないかなー、と。

あんまり拒絶って感じが無いですし、

店員さんの印象も良いような気もします。


また今度来たとき買わなきゃいけなくなるんじゃないか

って考える人も居そうですが、

よっぽどインパクトが強くなきゃ顔なんて覚えられてないだろうし、

そこまで重く考える必要は無いと思うんですよねー。


オススメ度 ☆☆☆☆★


———


とりあえず僕の方で3つ挙げてみました。


良かったらそうすけさんが使う断り方も教えてください。

(使ってないけど思いついたってやつでも全然OKです!)

いつも通りこのメールに返信でOKです。


ある程度集まったら、まとめた上でまたメール送りますね。



ではでは!