ども、そうすけです。

新年度が始まりましたが、
あなたの調子はいかがですか?
僕はと言うと、少し前に始めた違う仕事の方で慌ただしい毎日を過ごしてます。


さてさて、新年度ということで、
初めて会う人と接する機会が増えている
のではないでしょうか。

新大学生や新高校生なんかは初対面の人だらけで
きっと精神力が削られていっているでしょうし、
部下や後輩が出来ていまいち
どう接して良いか分からないなんてこともあるかもしれませんね。

初対面はなんとかなっても、
二回目、三回目で顔を合わせた時に
どんなことを喋ればいいのか分からなくなる

なんてこともあるかもしれません。

・・・そうなんです。

初対面で何を喋っていいのか分からない
という人よりも、
二回目、三回目会うことになった人と
何を喋ればいいか分からない
という人の方が実は多かったりします。


確かに初対面だけなら何とかなるっていうのも
分かる気がします。
初対面で喋ることなんて慣れてくれば
ほとんど同じこと喋ってたりしますし。

ただ、二回目三回目となると
そうはいかないんですよねー。

初対面だったら話せるけど、
二回目三回目だと微妙に話しづらい話題とか結構ありますし。

例えば、どこに住んでるんですか?
みたいな最初のやり取りで聞くような話とか。

人によってはこういう事を二回目三回目だと
聞きづらいみたいですね。


ちなみにそういう場合、僕だったら

あ、そういえば!〇〇さんってどこ住んでるんですか?」
みたいな感じに聞いちゃいます。

初対面で聞くようなことでも、
「あ、そういえば!」って枕言葉を付けることで
普通に聞けるんでオススメです。


この「あ、そういえば!」結構万能です。

話が行き詰った時とか、話題を変えたい時とか
会話してて、何かしら困った時に使うと
なんとかなります。

コミュニケーションで悩んでる人って、
会話を真面目に考え過ぎてることが多いです。


この流れでこの返答は変かなー
とか
この話題は初対面で聞いてないと不自然なやつだなー
とか


“自然な会話”を求めるあまりに、
身動きが取れなくなってる人が多いように感じます。

色々考えるあまりに、
「じゃあもう喋らなくていいや」
みたいになってる人も結構多いんじゃないかと。


会話はすごく複雑で難しいもの、みたいに思われがちなんですが、
全然そんな事は無くて会話ってかなりシンプルに出来てます。


ここらへんの話は2月の基礎基礎セミナーでもお話したので、
基礎基礎セミナーに参加してくれた方は
実感してくれてるんじゃないかなーと思います。

会話がどう成り立っているのかってのを知っちゃうと、
「あ、会話ってそんなもんなんだ」って思ってしまうかもしれません。


で、ごちゃごちゃ書いてきましたが、
僕が一番何を言いたいのかと言うと、

会話が苦手な人は、
自分で会話を複雑なものだと思い込んで
「~しないといけない」「~いうのは良くない」
みたいなのに縛られて、
身動きが取れなくなってたりするんじゃないかな、と。


まあ、この会話を複雑なものだって思いこんじゃうのは、
僕みたいなネットでコミュニケーションについて書いてる人間にも非があったりします。

ネットで検索すれば、うちのサイトの記事もそうですけど、
たくさんのコミュニケーションに関する記事が出てきます。

“話し方”で検索するだけで
「上手い話し方であいての印象を良くする方法15」
みたいなのがボロボロ出てきます。

話し方なんて話を深めるのと広げる二つを知っておけば十分なのに、
ごちゃごちゃとそこまで学ぶ必要のないことまで書いてるので、
真面目に読めば読むだけ混乱します。

一つの記事だけで話し方のコツを15個も書いていたら、
7つ同じような記事を読んだらコツが105個です。

・・・105個も覚えられますか?


105個もコツがあるなんて会話ってすごい複雑なんだなー
って思っちゃってもおかしくないと思います。

でも、実際に普段会話する中で必要になるのって、
僕が考えるかぎり2つだけ
です。

・・・ええと、なんか僕も書いてて混乱してきて
このままだとまとまらなそうなんで、
今回はこの辺で・・・。

・「あ、そういえば」は万能
・会話はシンプル
・話し方で大事なのは二つだけ


この3つを覚えておいてもらえれば大丈夫です。


ではではー


氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。