ども、そうすけです。


今日は日常の中でコミュニケーション力を上げる実践方法をお話ししようかなーと思います。


前々から散々言ってますが、いくらコミュニケーションについて学ぼうが普段からコミュニケーションをやっていかないとちっとも上達しません。

サッカーが上手くなりたいと思ってひたすらサッカーの試合を見たり、参考書を読んだりしても上手くなりませんよね?
参考にはなるかもしれませんが、実際に身体を動かしてプレイしないと目に見えて上達はしません。


ただ、コミュニケーションで難しいのは普段自分が生活してる場所、学校だったり職場だったりで練習しようと思っても失敗が怖くてなかなか練習も出来ないとかそういう事情もあったりします。

異性と話せないから話せるようになりたいけれど、自分の通ってる学校は男女であまり話すような空気じゃないから周りから浮いてしまうんじゃないか、とか。

僕が昔通っていた学校がそんな感じだったんでそういうの結構分かります。
二人で話せるようなところなら良いんだけれど、周りにたくさんの見知った人がいる場所だとどうにも難しいんですよね。


だったらそういう自分が普段生活していない場所で練習するんだったら、そういう事情を気にせず出来るんじゃないかな、と。


さてさて、こっからが本題です。


コミュ障を治したいなら、
まず第一に、話しかけられるのを待つんじゃなくて自分から話しかけにいくことって話を前にしたと思います。

え?覚えてない?じゃあまた覚えてください。

コミュニケーションが上手くなる第一歩は「まずは自分から」です。これ超大事です。


ただ自分から話しかけるのって慣れてない人からすると結構勇気がいります。
当たり前ですよね。今までやってこなかったんだから。怖いのは当たり前です。

ただまあ、車の運転なんかと一緒で怖いのは最初だけで、
やっていくとそのうち慣れて怖くなくなるし普通に出来るようになります。


ってことで話しかけるのに慣れる方法をお教えしましょう


それは「道を聞くこと」です。


今はみんなスマホの地図アプリとか見て自分で目的地に行こうとしますが、、、


地図アプリは今日から封印しましょう。


地図アプリを封印して、その代わりに人に聞くのです。
そこらへんを歩いてる人に聞くってのがハードルが高く感じるなら、駅員さんとか交番のお巡りさんとかコンビニの店員さんとかに聞くのがオススメです。

僕はしょっちゅう道を尋ねますが、みんな快く教えてくれます。

あとはデパートとかでトイレに行きたいと思ったら、店員さんにトイレの場所を尋ねましょう。
地図を見る前に人に聞くのです。


これ結構人に話しかける練習になりますよ。めちゃめちゃオススメです。


あとは普段からあまり迷ったりしない人なら、自分で目的地をなんとなく決めて、
地図を一切見ないで人に聞いてそこに辿り着けるかやってみるのとかも良いですね。

例えば、近くにある神社に行ってみよう、とかね。


話し掛けて道を聞く時のポイントは二つです。

「はっきりした声で話しかける」

「笑顔でお礼を言う」

この二つが徹底出来ればオーケーです。


普段の生活で全く知らない人に話し掛ける機会ってほとんど無いと思うので、
こういう事から始めてみましょう。

毎日のように話しかけてたら人に話し掛ける抵抗が全く無くなりますよ。

異性と話すのが苦手だったら、まずはそういうとこからやってけばいいのです。


僕は恋人へのプレゼントを買う時なんかは女性向けのアクセサリーショップとかに入ったりして店員さんと話しながらプレゼントを決めたりします。

店員さんとか駅員さんとかお巡りさんとかと話してて、
ちょっと失敗したなーって思っても二度と会わないのがほとんどなので安心して話す練習が出来ますよ。


ということで、今日から地図アプリは封印してガンガン話し掛けて道やら場所を尋ねてみましょう。


実践報告お待ちしてます!



ではではー


氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。