こんにちは、元コミュ障のそうすけです。

会話に苦手意識を感じていたり、
なんとなく集団の中で気まずい思いをしたり
職場や学校で浮いてしまうことが多かったりして

「もしかして自分はコミュ障なんじゃないか」と考えたことはありませんか?

僕も昔はよくそう考えていました。

そういった経験を生かして、
コミュ障を改善するサイトを4年くらい前から運営しています。

その中で、これまで会話に悩むたくさんの方々とメールでやり取りしたり、
直接会ってお話したりしてコミュ障の特徴や何が原因になっているのかが分かりましたので、
具体的な改善方法なども含めて紹介していこうと思います。

特徴とか原因はいいから治し方が早く知りたい!って場合は↓からどうぞ
コミュ障の治し方

コミュ障の特徴はどんなもの?


一口にコミュ障と言ってもみんな同じというわけではなく、
大まかに分類すると二種類くらいのタイプがあります。

・喋らないタイプのコミュ障(無口タイプ)

・喋るタイプのコミュ障(饒舌タイプ)

この二つです。

僕がやっているメール講座の中でアンケートを取ってみたら、
こんな感じの比率になりました。


だいたい2:1くらいの割合のようです。
ちなみに僕は喋らないタイプ(無口タイプ)の方に投票してます。


無口タイプのコミュ障は自覚症状がある場合がほとんどなんですが、
饒舌タイプのコミュ障は自覚症状が無い場合が多いです。

無口なタイプは分かりやすいんですが、
饒舌タイプは自分では普通に喋れていると思っているので、
他人から指摘されて初めて気付くことが多いんじゃないでしょうか。

無口タイプのコミュ障の特徴



・人と話すのが苦手
・人から話し掛けられるのを待ってしまう
・人がいっぱい居るような場所が苦手
・雑談することに苦痛を感じる
・自分が話しても相手はつまらないんじゃないかと思ってしまう
・「あれ、居たの?」とよく言われる
・話している相手の目を見れない
・人前で喋るのが苦手
・自分のことをあまり話さない
・質問された時にとっさに答えられない
・とっさに答えようとして変な声が出てしまう事が多い
・会話の輪に入れない
・多人数での会話が苦手

饒舌タイプのコミュ障の特徴



・空気が読めないと言われることが多い
・人の気持ちが分からないと思う事が多い
・場を白けさせてしまう
・言わなくてもいいことをつい言ってしまう
・相手を怒らせることが多い
・人となかなか距離を詰められない
・初対面は割と話せるが二回目以降だんだん話せなくなる
・いじるよりもいじられることが多い
・よく人と話すタイミングが被る

どちらのタイプにも共通しがちな特徴



・沈黙が苦痛で耐えられない
・職場や学校でイマイチ馴染めない
・自分だけ仲間外れにされているような感覚がある
・家に居るのが一番気が楽
・友達が少ない
・休みの日に気軽に遊びに誘える人が居ない
・嫌われるのが怖くて一歩踏み出せない


無口タイプの人であっても、
饒舌タイプの特徴が当てはまる時がありますし、
逆もまた同じです。

あと沈黙に苦痛を感じた時に無口タイプは結局喋らないで我慢して、
饒舌タイプは耐えられなくてとりあえず喋って失敗することが多い印象です。

あなたはどちらのタイプのコミュ障でしたか?

どちらのタイプの方が強いのかを考えると良いと思います。
饒舌タイプのコミュ障要素があるけれど、
どっちかと言うと自分は無口タイプだなーみたいな。

コミュ障になる原因はなに?


あなたは自分がコミュ障になった原因を分かっていますか?
今までコミュ障の人に話を聞いてきた中で出てきたものをいくつか紹介しておきます。

いじめが原因パターン



割と多いパターンです。
いじめとまではいかなくとも、
友達に仲間外れにされたとかそういう感じの経験が原因ってことも多い
です。
ちなみに僕自身もこのパターンでした。

それまで普通に話していた友達数人にある日いきなり無視をされるようになって、
教室で話せる人が居なくなって、だんだん口数が減っていって、
話さないのがクセになって喋ることが苦手になってコミュ障に・・・というのが昔の僕です。

会話をする中で嫌われて無視された経験がトラウマなもんで、
嫌われないようにというのを意識し過ぎて無難な事しか喋れなくて、
人と距離を詰めて仲良くなれないんですよね。

あれを言ったら嫌われるんじゃないか、
さっき言ったことでもしかしたら嫌われるんじゃないか
こんなことを会話中に考えるものだからあまり喋れなくなってしまうんです。

小さい頃からあまり喋らない子だったパターン



小さい頃からあまり喋らない子で、
だんだん年齢が上がっていくにつれて日常で苦労することが多くなってきて、
中学高校くらいで「自分はコミュ障かもしれない」と気付くパターンです。

コミュ障という言葉自体そこまで古い言葉ではないので、
40代とか50代で「自分はコミュ障だったんだ」と気付くこともあります。

物心ついた時くらいから
あまり喋らないタイプの人と二人で居る時に沈黙になって
気まずい思いをしてきたのではないでしょうか


特に夢中になっている趣味とかが無くて、
会話であまり熱く語るってことが出来ないって人がこのタイプに多いですね。

共通の趣味を見つけて話せばいいって言うけど、
特に趣味とかないからなーって困っていたりします。

家庭環境が原因パターン



そんなに多くはないけれど、
ちょこちょこ居るパターンです。

前に一回聞いたことがあるのは、
「父に何か一言でも話すと「うるさい」と言われて外に出された」
みたいな話です。

そういう親に育てられてコミュ障になった、という人も少なくないようです。

よく分からないけど気付いたらコミュ障パターン



自分でも理由は分からないけど、
「あれ、自分はコミュ障かもしれない」とふと思ったパターン
です。
思春期くらいに多い印象です。

小学生くらいまでは特に何も考えないで会話をしていたけど、
中学生、高校生くらいになって考えて会話をするようになって、
急に上手く喋れなくなってしまった、みたいなパターンです。

コミュ障の原因ごとの改善方法


いじめが原因パターンの改善方法


酷いいじめを受けたことが原因であれば、
まずはカウンセリングなどに行くことをオススメします。

人に話を聞いてもらうだけでも結構変わるものです。

僕はよく学生の頃に保健室に行って養護教諭の先生に話を聞いてもらっていました。
今思うと軽いカウンセリングのような感じだったかもしれません。

イジメられたりはしていないけど、
仲間外れにされたり無視されたりした経験が原因という場合は
カウンセリングに行かなくともなんとかなる場合が多い
です。

考え方、つまりマインドセットを変えることが出来れば
普通に会話が上手く出来るようになります。
プラスで会話の方法なんかも学んでいくとより良い
です。

僕が前に書いたこの記事も参考にしてみてください
コミュ障の治し方

マインドセットについては僕がやっているメール講座で詳しくお話しているので、
よかったらメール講座を受けてみてくださいね。

(メール講座の登録フォームは下の方にあります)


小さい頃からあまり喋らなかったのが原因パターンの改善方法


どれくらい喋れるようになりたいかによって変わってきますが、
小さい頃からあまり喋らなかったことで、
会話の経験自体が足りていないことが一番の問題
です。

会話の経験が足りていないから
会話のやり方がイマイチ分からないまま成長してしまって困っているのではないでしょうか。

なので、まずは会話のやり方を基礎から学んで、
それを基にして会話をする機会や会話をする人を増やして実践していきましょう。


会話のやり方についてはこのサイトで色々書いているので、
是非色んな記事を読み漁ってみてください。


例えば、会話を広げたり掘り下げていくような方法を書いたのがこの記事です。↓
会話が続かない人必見!!会話を長く続けるための方法。

会話の実践については、何かしらのコミュニティに所属するのがオススメです。
学生であれば部活やサークル、社会人であれば何かしらの社会人サークルや何かしらの教室とかがオススメです。

僕は料理やお菓子作りが趣味なので、僕だったら料理教室とかに通うと思います。
なにかを一緒にしながらだとそれ自体が会話のネタになるので話しやすいと思います。

僕のやっているメール講座でたまに会話の練習会とかを開く時があるので、
そういった会に参加したいのであればメール講座に登録してみてくださいね。

家庭環境が原因パターンの改善方法


マインドセットの改善で治る場合もありますが、
かなり根が深い場合はまずは一度カウンセリングを受けに心療内科に行ってみることをオススメ
します。

また、家族との関係を改善することでよくなる場合もあります。
コミュニケーションを学ぶことで改善の手助けになるかもしれません。

心の問題については僕自身かじったくらいで専門では無いので、
あまり詳しいことが書けなくてすみません。。。

よく分からないけど気付いたらコミュ障パターンの改善方法


マインドセットを変えることも効果がありますし、
会話の方法を学ぶことも効果があります。


そこまで根が深くはないので、
カウンセリングなどはあまり受けても効果が出ないかもしれません。

まずは前に僕が書いたこちらの記事を参考にしてみてください。
コミュ障の治し方

まとめ


あなたがどちらのタイプのコミュ障なのか、
なにが原因でコミュ障になってしまったのか分かりましたか?

僕がこのサイトを運営し始めてから、
たくさんのコミュ障の方から色んな相談を受けてきました。

最初にメールをくれた時はとても悩んでいた人でも、
会話が楽しいと感じられるようになったり、
たくさん友達が出来て今度一緒に旅行に行くと報告してくれるようになったりもします。

どんなタイプのコミュ障であれど、
「変わりたい」と強く思って実際に行動していればきっと変われます。


普段は挨拶をしない人に挨拶をしてみるとかそんな事からでも良いので始めてみましょう。

この記事が少しでも役に立ってくれたら嬉しいです。

ではでは!



氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。