ども、そうすけです。


たまに僕は家電量販店で値引き交渉をします。


値引き交渉と言うと、日本ではすっかり廃れた文化だと思います。

海外だと今でもフツーにやったりするみたいですが、

日本だと日本人の気質も相まっていまではめったに目にしませんよね。


値引き交渉と言うと、八百屋さんとかで、

「おじちゃーん、この大根もうちょっとまけてくれない?」

「しょうがねえなあ。一本50円で売ってやらあ!」

みたいなイメージがあるのではないでしょうか。


八百屋さんもスーパーとかショッピングセンターに押されて、

だいぶ無くなってきたので、そういう光景もあまり見なくなりましたね。


今でも、普通に値引き交渉をしているところというと、

「家電量販店」でしょうか。


家電量販店はちょっと特殊で、

値札の近くに「店員にご相談ください」なんて普通に書いてあります。

つまり、もっと安くなるから店員と値引き交渉してねってことです。


これって他では見ないですよね。


僕も昔、父と母が家電を買う時に店員さんに

「これもっと安くならないの?」

と交渉している姿を見てびっくりしました。


当時、中学生くらいだったもので、

「なんか恥ずかしい」

という思いがあって両親に

「そんなことするのやめてくれ」

と言った覚えがあります。



でもまあ、

家電量販店って基本的に値引き交渉してください!ってとこが

ほとんどなのでやらないのは損ですよね。


1000円浮いたら一食分浮くのと一緒です。

それに時給1000円で一時間働く分が浮くと考えると大きいですよね。

ちょっと店員さんと話すのと、一時間働くことのどっちを取るかですね。



さて、最初に言ったように、

ちょいちょい家電量販店で値引き交渉してるんですが、

かなりコミュニケーションの練習になります。


交渉が上手くなれば、

仕事での交渉事にも生かせますし、

女の子をホテルに連れていったり、

家まで連れてくるときなんかにも生かせます笑


学生だったら、親に物を買ってもらうのをねだる時だとか

お小遣いをアップしてもらう時なんかに役立ちますね。


店員さんに交渉するのはタダですし、

自分が納得いかなかったら

「じゃあやめときます」

って言って買わなきゃいいだけですからね。


家電量販店で買い物する時は、

是非、店員さんと交渉してみましょう。



・・・とは言うものの、

「店員さんに交渉なんてとてもじゃないけど出来ません・・・」

なんて声が聞こえてきそうです。


そんな人は、まずは店員さんに話しかけるところから始めてみましょう。


ステップ1. トイレの場所を聞く

ステップ2. 探している物の場所を聞いて案内してもらう

ステップ3. 商品の説明をしてもらう


この順番に挑戦していって徐々にランクアップしていきましょう。


商品の説明は、

ヘッドホンとかウォークマンとか色んな種類がある商品の前で

ここら辺のやつってどう違うんですか?

なんて質問すればOKです。


商品の知識がある程度ある店員さんならアレコレ説明してくれます。


説明を聞いたら買わないといけない

みたいな空気になるのが怖いって場合は

「持ち合わせが無いので、カタログをください」

って言って帰ればOKです。


これくらいなら出来ますよね?


コミュニケーションをする機会は、

普段の生活の中でも、探せば結構あるものです。

まずは日常の中で少しでもコミュニケーションをする機会を増やしていきましょう!



PS.


今回、店員さんに話しかけることをオススメしたのは、

「話しかけられるのを待つ」という腐ったマインドを

「自分から話しかける」というマインドに変えるのにうってつけだからです。


何か困ってそう、と察されて

向こうから話しかけられるのを待つのは

非常に良くないマインドです。


自分から話しかける

自分から参加する

自分から関わる


相手から催促されて初めてやるのではなく、


何事も自分から始めるのです。


受け身なんてのは美男美女しかやっちゃダメです。

自分の容姿によっぽど自信があるなら、

別に待っててもいいと思いますけど、

そうでないなら受け身でいるのはやめましょう。


これほんとに大事なので、

何度も何度も言ってきてますが、

ほんと何度でも言いますよ。



話し方の本を買って読んだって

僕のメールを読んだって

マインドが変わらなければ現状は全く変わりません。



まずは行動してマインド変えてかなきゃ何も変わらないですからね


頑張って一歩を踏み出してみてください。



ではでは!


氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。