ども、そうすけです。


あなたは告白してフラれたことがありますか?

または、告白されてフったことがありますか?


先日、僕のメルマガ内で

告白してフラれたエピソード
or
告白されてフったエピソード

を募集したところ、たくさんのメールが送られてきたので(ありがとうございます!)

その中の一部をご紹介しようと思います。


フった、フラれた告白エピソード



1. Mさんのエピソード



僕は、告白したのが二回、告白されたのが一回ですね

そして二回フラれて、一回断りました

一回目の告白の時は、そうすけさんと同じように緊張で声が出てこなくて、

小さい声で、「好きです、付き合ってください」と言いました。

「ごめんなさい」と、フラれてしまいました。


告白された時は逆で、相手が「好きです、付き合ってください」

僕が「ごめんなさい」と言いました。


自分が告白したときに、ごめんなさいと言われて、わかるけど、

すこし辛かったので自分が告白されたときは傷つけないように頑張ろうと思っていたのですが

やっぱり気の利いたことは言えませんでした。

どんな言葉なら相手を傷つけないかっていうのは、難しいです。


2. さくらのさんのエピソード



私は告白したことありませんが、フラレたことはあります。

クラス中に(もちろん本人にも)バレて、
ある男子が私に向かって「○○がOKだって~」ってふざけて言い、本人に「やめろよ!」ってめっちゃ嫌そうに言われました。
みんなの前だったので辛さよりは恥ずかしさの方が大きかったですね。

それ以来、気まずくて殆ど話せなくなりました。
だから好きという気持ちを必死に封じ込めました。

告白したことないのでフラれたことはこの1回だけですが、やっぱり1番嫌なのはみんなの前でってところですね。
そうすけさんも相手の友人に見られたみたいなので分かっていただけるとは思います。

次に好きになった人には、気持ちはバレましたがフラれなかったので
(はっきり告白してないからかもしれませんが)気まずくならずに普通に接して貰えました。そういう感じが1番傷付かなくていいですね。
はっきり告白した場合だったら「はっきりしろ!」って思うかもしれませんが…

なんかあまり参考にならなくてすみません!片想いは沢山経験しましたが、告白やお付き合いとかの経験がないので…


3. タママさんのエピソード



僕には2年間片想いの女の子がいたんですが、受験時期と重なってしまい諦めました。

でも、その事を忘れ始めた頃に部活の後輩から告白されました。
僕はその子の事を忘れれると思ったのと、初めて告白されたのが嬉しくてokしました。
でも、付き合ってて苦しくなるのがあって、受験を理由に振りました。

内心、酷いことをしてしまったなと思っています。これが僕の人生での過ちです。
後先を考えずに行動してしまった自分が憎いです。

今のところ、受験が終わったら、自分の好きな子に告白して、振られて大学に進学するのが今の目標です。笑


4. 結衣埼さんのエピソード



今回のテーマは告白、で思い出したのですが、なんと私には告白されたことがあるんですよ!


ただそれが、小6の時に高校3年生に告白されまして…仲はけっこう良かった人です。

すごい歳の差ですよね? しかも、私はそれまで恋愛なんて考えたことがなくて…

好きだと言われた時、「考えさせて」と言いました。

でも、考えることができないぐらい幼かったです。

その後に引っ越すことになり、お返事はできませんでした。


その人と会う機会は、近所の児童館だけで、告白された後に一度だけ彼が居るのを見つけてしまったことがあります。

もー急いで帰りました! ひたすら心臓がどきどきしてました。

好意で、ではなく緊張と恐怖ででしたね…。


これが三歳とか、もしくは年下なら違ったと思うのですが、年上の男性に告白されてパニくってました。

今だったら多分良いかな、と付き合ってると思うんです。いやー、12、13の歳では対処できませんでしたね。

のちに兄に話したら、変態っぽいとこがある奴だった、と言われました。

ロリコン的な意味で告白した訳ではない気がしますが…。

なにも答えなかったのは、きっとモヤモヤとした気持ちと避けられた悲しみを残してしまった気がします。

これも傷つけたうちに入りますかねー、流石に不可抗力なんですけど。


5. 花さんのエピソード



花です

小学四年生の時からずっと好きで、その頃以来疎遠になってしまったけれど好きな人がいました
中学三年生のとき、ようやく告白しようと思いました

直接ではとても告白できない、と思い、好きな人の下駄箱の靴の中に、「話したいことがあるので、電話番号教えてください」と書いた手紙を入れました
数日後に返事が書いてある手紙が靴箱に入っており、心臓が飛び出るかと思いましたし、とても嬉しかったです
電話番号とメールアドレスまで書いてあり、思わぬところでアドレスをゲットできたので良かったです(笑)

そしてメールで電話をかける時間を伝えて、震える手で番号を押していきました

「もしもし?おー、びっくりしたわー」

みたいなことを言われ、

「話したいことってなに?」

と聞かれ、すごく躊躇って

「…付き合ってくれへん?」

と言いました 好きとはとても言えませんでした

「いいよ いつ会う?」

心の中でよっしゃあああ!と思いました


好きなアーティストは?みたいなぎこちない会話をし、途中で向こうは母が帰ってきたみたいなので、そのタイミングで電話を切りました
それから2週間か3週間、夢のようだと思いながらメールでやりとりをしていました


が、そのうちに

「友だちから始めへん?」

とメールが来ました フラれました

中3の12月の受験シーズン真っ只中ということもあり、私の初彼氏とは1度のデートもありませんでした

あとで、私のこと好きだったかどうか聞くと、

「中学のときは別に好きな人おらんかったで」

と遠回しに私のことが好きでなかったことが伝えられ、ショックでしたが、まぁ当然だなと思いました

私の五年間の片想いはこうして幕を閉じました


6. Oさんのエピソード



僕が告白して振られたときのことについて、ひょっとしたら趣旨が違うかもしれませんが一応書きます。

中学3年のときに転校して同じクラスになってから意識していて
高校に入学してから会うたびに挨拶してくれたり、
夏休みにlineで他の女子の友達になりすまして話しかけてきた人に

自分は高一の3月に告白して振られましたが、勘違いしていたこと以外でほとんど落ち込みませんでした。


恋愛対象とは見られないから友達として付き合っていこうということを言われてから、付き合ったらどうするの?って聞かれました。

そのとき、自分はどこかにいって遊ぼうって言ったと思います。
自分が付き合ってからあまり遊ぶつもりはないことに相手に悟られました。

事実自分は楽しみたいというより、彼女を持った高校生は輝かしいから告白したということが、明白になりました。


7. ユナさんのエピソード



告白して振られた時の言葉ですが、、
わたしが中学生の時に大好きな先輩がいました。同じ部活で憧れの人でした。
勉強も出来て学校でみんながカッコイイと言っていて、スポーツも万能でした。

そんな先輩と同じ部活ということもあり、ほかの人よりは仲良く出来たんじゃないかなと思います。

わたしは好きなら好きと伝えたい人なので、仲良くなって少ししてから告白しました。

「わたしは先輩のことが大好きです!
良かったら付き合って下さい!」



「ごめん、無理」

でした。笑
それだけ??笑
って思ったけどやはりショックで何も言えず、帰りました。

そのすぐあとに先輩に彼女が出来ました。

無理って言われたのが本当に忘れられないです笑

3回告白しましたが、全てこれでした笑

そして、わたしが告白された時に言った言葉は…

「ありがとう!でも、ごめん、、今は付き合うとかそういうのは考えられない。」
って言いました。

その時は嬉しかったけど、浮気ばかりでDVをする彼からやっと別れられた時だったので男の人が無理でそう断りました。

今思うと、ありがとう、でもごめんって上げといて下げるっていうすごい言い方だったかなと思います。


何度か告白されたことがありますが、だいたいは、え?どうしたの?酔ってるの?って笑い流しをしてました。

自分なんかに本気で惚れるわけないと思ったりして…

相手の気持ちをすごく無駄にしてしまった気がします。

告白って、するのもされるのもドキドキするけど、断られたり断ったりするのはとても苦しいですね。

断られるのはかなりショックだけど断るのもかなり胸が苦しいです。

とても申しわけない気持ちになります。


8. うみさんのエピソード



私は5月ぐらいにAくんに告白しました。

LINEです。

前まで全然興味なくて他に好きな人がいました。

でもAくんと話すようになってなんとなく気になり始めて好きになってました。


告白をした時、Aくんはすごく仲いい女子と毎日一緒で恋人みたいな感じだったので

私「〇〇ちゃんのこと好きなん?」

A「友達としては好きだよ」

私「付き合うん?」

A「そのつもりはないけど」

って言われたので勢いで告白しました。

返事はなんかすごいあいまいで…

でもまぁ伝えれたしいっか。みたいな感じで1ヶ月たってました。


ある日クラスで学校推薦のバイトのメンバーを決めることがあり、

たまたま一緒になって浮かれてしまって…

惚気みたいなことをTwitterの裏垢(同じ学校の人はフォローしてないし鍵垢でした)

でツイートしてしまいました。


それから何時間後かにAくんからLINEがきて「これなに?」って言われました。

もちろんAくんはフォローしてないしブロックしてました。

だから見れるはずないんです。

でも「まじきめぇ」「やけん女子は嫌いなんや」とか「もう話しかけんで」とか言われて

ほんと意味わからなくてツラくて…


その次の日学校で噂になってて、

ツイートをAくんに見せたのはAくんと仲いい〇〇ちゃんだったみたいで

その子の友達が私のことフォローしてたみたいで

友達の垢にログインして監視してたみたいです。

それをAくんにチクって…それまでにAくんとしてたLINEもすべてスクショして送ってたみたいです…

告白の返事もないまま勝手にフられたことになってすごい噂になってました(汗)


もう今となっては笑い話ですけど当時はすごい辛かったし、

なんで好きになったんだろう、なんで告白したんだろうってすごく後悔しました…

でも告白して曖昧にされるのはほんといやです。まだ断ってくれた方がいいし…

ごめん。好きな人がいるんだ。って言われたらそれならしょうがないか…ってなるので

私は好きじゃない人に告白されたらそれを使ってます((


9. キアさんのエピソード



私が告白してなんと言われてフラれたら傷つかないかですか。

私は告白した経験があり、またフラれても います。

その経験談を伝えたいのですが、上手く簡略に書くことができないので、経験談を少々長く書かせていただきます。


私は大学の時、同じサークルの人に告白をし、結果フラれています。

しかし、告白も最初から諦めているような心境でした。

どういう意味かと言うと、そのサークルは弓道部でして、精神的に集中しないといけないサークルでした。

その中に片思いの人がいて、その人に意識が行って集中が切れることもありました。


弓道も好きだったので、この気持ちをどうにかしようと思い、告白を実行に移すことになりました。

先輩で、私にも気さくに話し かけてくれる人で、私はそこに惹かれていました。

帰りに2人きりになり、私はフラれてもいいからと、


「あの、どう思っていただいても結構です!ただ、どんな結果になろうとこの気持ちだけは伝えておきたかったので伝えさせてください!先輩のこと、好きです!」


と言って、その時に言われたことが、

「その気持ちは嬉しいんだけど、付き合ってる人がいるんだ、ごめんね。」と返されました。


フラれてもいいからと、最初から玉砕覚悟だったので、そこまで傷つかなかったのですが、

【気持ちは嬉しい】と言ってくれたことが、私にとっては傷がそこまで深くならなかった要因の一つではないかなと思います!


10. しおりさんのエピソード



そうすけさんこんばんは。しおり(主婦)です。


ふられたセリフで微妙だったのは「大学院を卒業するまでは彼女作る気ない」ですね。

ただそう言われたんだったらまだしも、相当気のある素振りをされてたんで微妙でした。

私は「その時まで待ってるかも」とか言いつつ半年後くらいには他に彼氏作ってました(笑)


そしたらその人が大学院卒業する寸前に年賀状がきてwww多分暇があったら遊ぼうみたいな内容だったと思いますが、

心の中で「待ってないからw」と思いました。


その後たまにお友達としてお茶したりしましたが、

無駄に期待させて振られたお返しとばかりに彼氏がいる事は言わず、

「うちに遊びに来て」などの誘いをかわし、適当にあしらってました。


今の主人と結婚が決まった時には「俺を選ばなかったことを後悔するなよ」と言われたけど、後悔した事は全くありませんw


といった事がありましたねぇ。私も悪いヤツだなぁ。

すみません、全然告白の話と関係ない事まで書いてしまいました(汗)


私が振るときは「他に好きな人ができた」が多かったですね。嘘の時も本当の時もありました。これが無難かと思ってます。

「付き合ってみたら好みのタイプじゃなかった」とか言えませんw

あと振られる理由がはっきりしないのは嫌ですね。


久しぶりに昔の事を思い出して何だか楽しい(?)気分になりました。ありがとうございますw


11. そうすけ(僕)のエピソード



中学一年生の頃に一目惚れをして、

それ以来フラれるまでずっと片想いをしてきました。


高校一年で初めて同じクラスになって、

学校に行くのが心底楽しいって初めて思いました。


数学とか英語は成績でクラスが分かれてたんですけど、

一番上のクラスだった好きな子と同じクラスになりたくて
(最初僕は一番下のクラスでした)

必死に勉強して同じクラスになったりもしました。笑


そしたら数学の授業で運良く隣の席になったりして

数学の授業の50分がめちゃめちゃ幸せな時間だったり。


高二で理系と文系に分かれるってことで、

僕は理系で、好きな子が文系で

違うクラスになることが高一の終わり頃に確定しました。


正直、全く上手くいく気がしなかったんですが、

告白しないで後悔したくないなあと思って、

前の日の放課後に下駄箱に手紙を入れておいて次の朝に呼び出しました。


その日は三月なのに何故か雪が降ってたんですよね。


結構な時間待ってたんですけど、なかなか来なくて

「手紙間違えて違う人のとこ入れたかなあ。やべぇなあ・・・」

なんて思いながら極度の緊張で脂汗をかきつつ待っていたら、

ようやく好きな子が来てくれました。


そんでいざ告白しようって思ったんですが、

人ってほんとに緊張すると声が出てこないんですよね。


「や、やば・・声出ねぇ・・・」

なんて思いながら必死に喉から声を絞り出して



「好きです。付き合ってください」



・・・

・・・・・

・・・・・・・



「ごめん。今好きな人居ないの」




「ごめん」って言葉からフラれたってわかったんですが、

今考えると、今好きな人が居ないって理由はちょっとよく分かんねえな、と。


なんて感じでよくわからないフラれ方をした僕です。


告白した後に、後ろの方で好きな子の友達二、三人が

こっちを見てニヤニヤ笑っててげんなりしました。



まとめ



届いた体験談を掲載しましたが、どれも興味深いですね。

個人的には片想いの子を忘れたくて違う子と付き合ったけど、

付き合ってて辛くて結局別れてしまったってエピソードが「分かる・・・」って感じでした。


こういう恋愛体験って恋バナとして話すと結構盛り上がるんですよね。

女の子との会話だとまず盛り上がりますし、飲み会みたいな場でもオススメです。


フラれて当時は辛かったって体験も時間が経っちゃえば会話のネタの1つですね。


今回はこの辺で

ではでは!


氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。