ども、そうすけです。


ずっと気になっていた漫画「賭博黙示録カイジ」を読み始めました。

いやー、想像してた3倍面白い。


ざわ…ざわ……



まあ、それは置いておきまして。


返信メールの中にたびたび


「ほんと私って性格悪いですよね」

って言葉を見るんですね。


「自分はなんて性格が悪いんだろう…」
って考えちゃう人は結構多いと思うので、
今回はそれについて話します。



◆ 性格が悪くない人なんて居ない



これに尽きます。みんな性格悪いです。


あの人すごい良い性格してるなーって人も実は結構汚いこと考えて自己嫌悪してたりします。


これほんとそうなんですよ。
僕も中学生、高校生くらいの時はかなり悩みました。



「俺、ほんと性格悪いよなー」


って。


「本性晒け出したら友達みんな居なくなっちゃいそうで怖いなー」


って。



でも、今は性格が悪い自分が割と好きになりました。



◆ 人は誰でも二面性がある




人は誰でも二面性を持ってます。


すごい優しい人だなーって人でも、残酷な一面を持っていたりします。

逆に言えば、すごい残酷な人でも、すごく優しい一面を持っていたりします。


だから「自分性格悪いなー」って思っちゃうのは当たり前みたいなもんです。
みんな性格悪い一面を持ってます。


傍から見てて、どんなに性格が良さそうだなーって人でも、
性格が悪い一面があります。


どちらか一つだけというのはあり得ません。
こと性格に関しては、
性格が悪いだけの人は居ないし、
性格が良いだけの人も居ません。


良い面があれば、悪い面があって当たり前です。
人はどちらか一つだけのような単純な生き物ではありません。



◆ 自分の性格の悪さを認める



別に性格が悪かったっていいんですよ。
みんなそういう面を持ってるから。

それを自覚しているか自覚していないかの違いです。

だから思い切って認めちゃうと楽になれます。


自分には性格が悪いとこがある、って。


完璧な人間なんて居ないんですよ。

長所があれば、欠点がある。

完璧な人間よりも、ちょっと問題がある人の方が人間らしくて素敵だと思います。



◆ 人を一面で判断しない



自分の中に性格の悪い一面があるとしたら、
他人だってそうです。


なにかと人は
「あの人は性格が良い」「あの人は性格が悪い」
と断定したがります。


そういう風に人を判断するのはもうやめましょう。
ナンセンスです。


「あの人はこういう悪い一面がある。でもこういう良い一面もある」

という感じでちゃんと他人を見ましょう。


人間はそんなに単純ではないのです。




おわり




PS.


ジンさんがこんな記事を書いてました

占いのすゝめ

面白かったので紹介しておきます。



ではではー


氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。