会話のテクニック 話題

会話の目的を意識してますか?シチュエーションで適した話題は変わります。

投稿日:

ども、そうすけです。

あなたは普段から会話をしている時に、会話の目的を意識していますか?

「会話が続かない」という悩みを抱えていたり、

「なかなか人と仲良くなることが出来ない」という悩みを抱えているのであれば、

それはあなたが会話の目的を意識していないからかもしれません。

会話の目的とは?

会話をするシチュエーションはさまざまなものがあります。

初対面の人と話をする時

会社の同僚と社内のエレベーターで一緒になって少しだけ話す時

飲み会で隣の席に座った人と話す時

友達と休日にカフェで話す時

などなど。

これらシチュエーションによって会話の目的も当然変わります。

例えば、

会社の同僚と社内のエレベーターで一緒になった時は、

少しの時間をお互いに気まずさを感じない程度に軽く雑談する

という目的になりますよね。

なので、話す内容は少しの時間で軽く話して切り上げられるようなもの。

具体的にはニュースの話題とか社内のちょっとした噂みたいなものになるでしょう。

もし、目的を意識していなかったら

「そういえば○○さんの趣味ってなんですか?」なんて聞いちゃったりして、

少しの時間では聞くのが難しい話題を出してしまったりするわけですね。

会話を切り上げるタイミングが分からなくなったり、

変な感じで会話が終わることになります。

逆に、友達と休日にカフェで話すという時なら時間もたっぷりありますし、

会話の目的としては間を埋める会話ではなく、

親密になるためだったり、お互いに楽しむためものになります。

なので、趣味の話や休日の過ごし方、恋愛話などじっくり話せる話題が向いています。

目的を意識していないと、天気の話や軽いニュースの話題で話そうとするけど、

話をなかなか広げられなくて会話が止まって沈黙に・・・なんてことになりがちです。

こうやって会話の目的を意識していれば、

そのシチュエーションに適した話題が自然と分かりますし、

事前に話題を用意することも出来るわけです。

自分がよく遭遇するシチュエーションに適した話題を用意しておきましょう。

まとめ

会話のシチュエーションによって会話の目的を意識すること。

会話の目的によって適した話題は変わる。

事前に自分がよく遭遇するシチュエーションに適した話題を用意しておくといい。

慣れて当たり前のようにシチュエーションに応じた話題が出せるようになるまでは、

会話ごとに目的を意識していきましょう。

ではでは

\ 受講者数5000人以上の大人気メール講座 /
氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
※氏名の欄は本名でなくとも構いません。
※メール講座の受講は無料です。
@iCloud.comや@hotmail.comでのメールは届きにくくなっています。Yahoo!やGmailのフリーアドレスでの登録がオススメです。

-会話のテクニック, 話題

Copyright© 元根暗コミュ障が教える!人に好かれるコミュニケーション , 2021 All Rights Reserved.