9cbef02f26455e12dce1074bfb640fce_s
こんにちは。そうすけです。

最近はコミュニケーション能力が大事だ!というところから派生して、「聴く力」というのが求められています。

“聞く”ではなく、“聴く”というところがポイントです。



“聞く”というのは聞こえてくる音を自然と耳が拾うことを指します。

「子どもの泣き声が聞こえた」

「セミが鳴いているのを聞いた」

「スーパーでよく知っている音楽が聞こえる」

といった感じです。

“聴く”というのは、注意して耳をそばだてて自分からきくいったことを指します。

「お気に入りの音楽を聴く」

「運転中はラジオを聴いている」

などで使います。

今求められているのは、「聴く力」です。

簡単なようでいて、意外と出来ていない人が多いみたいです。

 

人と話している時に携帯を弄っていたりしませんか?

何かをしていたら人の話を聴くことは出来ませんよね。

話をしている相手の目をきちんと見ていますか?

下を向いていたり、変なところを見ていたら相手はちゃんと自分の話を聞いてくれているのか不安になってしまいます。

 

相手の言葉にちゃんと相槌を打っていますか?

相槌には「このまま話を続けて大丈夫です」という意味が含まれています。
もし話しているときに相槌を打ってもらえないと話を続けて良いのか分からなくなってしまいます。

難しいことではありません。
本当に基本的なことです。

 

話をする能力を磨く前にきちんと話を聴けるようにならなければ、いくら話したところで相手も自分の話を聴いてくれないでしょう。

まずは相手の話を興味を持って一字一句覚えるつもりで聴くようにすると、上で挙げた三つのことなどは自然と出来るようになります。

早めに聴く力はマスターしてしまいましょう!

ではでは


氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。