こんにちは、ジンです。
長かった雨も降りやんで久しぶりに晴れて、また暑くなりましたねー

今回の豪雨で被害を受けた地区の方々にはお見舞い申し上げます

さて、今日は「やる気」というものについて書いていきたいと思います。
やる気になるには外からの動機づけと、自分から自発的に出てくる内側からの動機づけがあります。

外からの動機づけには給料だったり、昇進がかかっていたりといった報酬やそれをやらないと生命や立場が危ぶまれるといった罰のようなものがあって、やりたいわけではないけれどやるための理由を他人から与えられるものが当てはまります。

内側からの動機づけは自分から進んでやりたいと思えるようなことです。趣味というのは、この内側からの動機づけが強いことが多いように思います。

外からの動機づけは目に見える対価がある代わりに強制力が働くケースが多いので対価がある限りは続く人も多いのではないでしょうか。

加えて、内側からの動機づけは自分がやりたいと思ったことに対してやる気がわくだけなので、やった方がいいのはわかってるんだけど、やりたくないという事柄に対しては全くやる気というものは出てきません。

ライザップというジムがあります。ここは、徹底的な食事、トレーニングの管理によって確実に結果を出すことを売りにしているところです。

トレーニングの方法論などは特に真新しいものではなかったのに人気がでた理由は痩せたい、理想の体型になりたいという内的な動機を、徹底的な管理という自分の意思とは関係なくやらなければならない外部の動機づけで補完したからではないかと思います。

ダイエットやトレーニングをしたいと思いたったら目標までやり切れてしまう人が多ければ、ここまで人気にはならなかったのではないでしょうか。

コミュニケーションも同じだと思います。本や記事にテクニックや考え方は載っています。が、結局自分でなりたい自分を思い描いて、実践しないとよくなっては行かないと思います。

心からコミュニケーションの取り方に危機感を抱いている(内側からの動機づけ)人は大丈夫だと思いますが、なんかコミュニケーション能力大事って言われてるしなぁ…(外からの動機づけ)という人は、実践しなきゃならない、少し大変な思いを辛抱しなければならないといった場面で心が折れやすく、踏ん張りがきかないので、最後までやりきるという気持ちをもって取り組むことをおすすめします。


氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。