こんばんは、そうすけです。


「なかなか友達が出来なくて、友達になっても仲良くなれません。

 当たり障りのない会話しか出来なくて、疲れてしまいます。

 やっぱり友達と仲良くなるには話術が必要だと思うので

 話術を教えてください」


こんなような内容のメールが時々届くので、

今回は友達を作るのに話術は必要なのかどうかお話していこうと思います。


友達を作るのに話術は必要ない!



結論から言うと、友達を作るのに話術なんて必要ないです。

極論を言うと単語だけしか喋れなくても友達は出来ます


僕は英語が全然出来ないんですけど、

昔学校の修学旅行でアメリカにホームステイすることになりました。

電子辞書片手に単語を口に出すくらいしか出来ない英語力で

ホームステイ先の男の子と仲良くなれました。


人と仲良くなるのに話術が必要だとしたら

僕の実体験は明らかに当てはまらないと思います。


それに友達で何人かでファミレスにだべってる人たちの会話を

こっそり聞いてると分かると思いますが、

彼ら彼女らに話術なんてのはありませんよ・・・。

話術が必要だと思うのなら、実際に聞いてみるといいですよ。


ということでまあ、

話術なんてものは

人と仲良くなるのに必要じゃないってことです。


話術なんてのが必要になるのは

精々人と交渉したりする時くらいじゃないでしょうか


人と仲良くなるには何が必要か



じゃあどうすれば友達と仲良くできるんだって話です。

原因は話術が無いことなんかじゃなくて、

当たり障りのない会話しかしないってこと
です。


例えばですけど、

天気の話題とか学生だったら授業の話しかしなかったら

到底仲良くなれるはずがありません。

当たり障りのない会話しかしない事に全ての原因があります。


人と仲良くなりたいのであれば、一歩踏み込んだ話をしてください。


例えば、恋バナとかディープな趣味の話とかです。


初めてその手の話題を振るってなった時に

「もしかしたら相手に引かれるかもなあ」

「もしかしたら気まずい空気になるかもなあ」

ってレベルの話をしてください。


具体的な例を出すなら

男同士なら

「俺、緊縛物が好きなんだよねー」

と突然言い始めるとか。

下手したらドン引きされますが、

相手が同好の士なら一生ものの親友になれることもあります。


要するにリスクを取れってことです。

引かれるかもしれない、気まずくなるかもしれない

そういったことを承知の上で、そういう話題を出すのです。


リスクを取らなければ、リターンは得られません。

天気の話をしていて引かれることはありませんが、

仲良くなることもありません。


あなたに足りないのは、

話術なんかじゃなくてリスクを取って会話をすることです。


リスクを取らずに当たり障りのない会話しかしなかったら

一生人と仲良くなんてなれません。


引かれたり気まずくなったりするかもしれないですけど、

そんなのその時だけです。


一回それで成功して仲良くなっちゃえば、

最初に言いづらいことを言った分何でも言いたい放題です。


人となかなか仲良くなれないのなら、

リスクを取った会話をしてみてください。


これは誰に対してでも有効ですよ。



ではでは!


氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 


※メール講座の受講は無料です。
※@docomo.ne.jpや@icloud.comのメールアドレスだとメールが届かない可能性が高いので
 Yahoo!アドレスやGmailのアドレスを取得してのご登録をオススメします。