コラム マインド

自分のこと分かってる?自分から見た自分、他人から見た自分

投稿日:

ども、そうすけです。

自分のこと、分かってる?

あなたは自分のことをきちんと分かっていますか?

「自分のことなんだから分かってるに決まってるだろ」

と思ってしまうかもしれませんが、
意外とみんな自分のことが分かってなかったりするものです。

「相手が自分のことをどう思っているか分からない・・・」

なんて自分がどう思われているか気になって会話に集中出来ないのは、
自分のことがちゃんと分かっていないから
とも言えます。

自分(他の人からどう見えているのか)がちゃんと分かっていれば、
会話中に相手からどう思われているのかを考えることがほとんど無くなります。

「こんな感じで思われてるんだろうな」とおおよその予想が出来るので、
会話をしている中でいちいち不安に思うことが無くなるわけです。

コミュニケーションが苦手な人は
ネガティブ思考で、自己評価が低い傾向があります。

「相手は自分のことをバカだと思ってるんだろうな」

「相手は自分のことをつまらないヤツと思ってそう」

なんてことをよく考えたりするわけですが、
ほとんどの場合で相手はそんなこと考えてないし、
自分で勝手にそう思ってしまってるだけなことが多いです。

そう思ってしまうのは、
自分のことが正しく分かっていないからです。

正確に言うなら、
「自分が他の人からどう見えているのか」が分かっていないのですね。

自分に対する自分の認識と、
他の人から見た自分の認識のズレが大きくなれば大きくなるほど、
コミュニケーションが上手くいかなくなっていきます。

そりゃあそうですよね。
見えてるものが違うわけですから。

自分で自分のことをどう思おうと勝手ですが、
他の人から見た自分が、同じように見えていると思わない方がいいです。

自分から見たら"じゃがいも"に見えるけど、
相手からは"いちご"に見えていたら、
話が噛み合わない
わけで。

「肉じゃがにはアレ(じゃがいも)が欠かせないよね」

「え?肉じゃがにアレ(いちご)入れるの?」

「普通入れない?むしろアレ(じゃがいも)が主役でしょ」

「いやいやいや、アレ(いちご)入れてるのなんて見たことないよ」

極端な例ですが、
自分と相手で見えてるものが違うとこうなってしまうのです。

あなたは自分の声を録音して聞いたことがありますか?
聞いたことがなかったら是非録音して聞いてみてください。

普段自分が喋っている時に聞いている自分の声と違う声に聞こえるはずです。

自分で喋りながら聴く自分の声というのは、
骨伝導によって相手に聞こえている声と違って聞こえるのです。

これと同じことで、
自分から見えている自分と他人から見えている自分は違うのです。

他人から見える自分を知るには?

「自分から自分のことが正しく見えないなら、どうすれば他人から見た自分が見えるの?」

最もな疑問ですね。

それは他人とのコミュニケーションを通じて知っていくしかありません。

例えば、
初対面の人と会話している時に

「最初は怖くて近寄りがたい雰囲気があったけど、喋ってみたらすごく喋りやすい人で安心しました」

なんてことを相手に伝えたら、

その後は自然に「初対面の印象」をお互いに話す流れになりますよね。

自分から相手がどう見えているのか、
どういう印象を持ったのかという話を積極的にしていくことで、
相手も自分のことがどう見えているのかとか印象の話をしてくれる可能性が高い
です。

他人を通して自分のことを知りたいのなら、
他人の印象などを積極的に伝えていきましょう。

必ず根拠を用意する

そして、もう一つ話しておきましょう。

他人から見える自分のことを自分で分析するのなら、
自分が自分に対して抱く勝手なイメージではなく、
必ず根拠を提示しましょう。

つまり「自分の見た目がカッコいい」ということだったら、

その根拠として、
初対面の女の子に「カッコいいですね」とよく言われるとか、
男友達に「お前はイケメンだよなー」と言われることが多いとか、
そういった他の人の発言などを基に判断するのです。

根拠として乏しいのは、

「お母さんが自分のことを可愛いとよく言う」
「おじいちゃんに可愛いと言われた」

といった身内の人間からの評価。

それと女の子同士の「可愛い」は「可愛い」にカウントするのはNGです。

性格などについても、
他の人から言われたことを根拠にして判断していきましょう。

よく人に「細かいよねー」と言われるとか
「天然だよねー」と言われるとか

自分ではそう思っていなくても、
他の人からどう思われているのかで判断しましょう。

自分のことがきちんと分かると、
コミュニケーションそのものはもちろんのこと、
恋愛を始めとした1対1の人間関係がずっとやりやすくなります
よ。

というか自分のことがよく分かっていない状態で恋愛をするというのは、
武器を持たないで戦場に飛び込むようなものですからね・・・。

ということで今日のWORKです。

WORK

自分がどんな人間なのかを自分で分析してみましょう。

紙とペンを用意して書いていっても構いませんし、
スマホのメモアプリなどを使っても構いません。

1. 自分で自分のことをどんな人だと思うか

自分が思う自分のイメージを書いてみてください。
見た目から性格から思いつくことを書いていってください。
こちらは根拠が無くても大丈夫です。

2. 他人から自分はどう見えているか(思われているか)

他の人から言われたことなどを根拠にして、
自分が他人からどう見えているか、思われているかを書いていってください。
こちらは一つ一つにどうしてなのかという根拠も書いてください。

3. 1と2を書いてみて自分で気付いたことなどを書いてください。

以上の3つをそれぞれいくつずつでも良いので書いてみましょう。

WORKをすることで、
何かしらの発見が得られると思います。

1と2がほとんど同じなら問題無いのですが、
大きく違う場合は、自分から見えている自分と他人から見えている自分がかけ離れているということなので、
徐々に近づけていけるといいですね。

ではでは

\ 受講者数5000人以上の大人気メール講座 /
氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
※氏名の欄は本名でなくとも構いません。
※メール講座の受講は無料です。
@iCloud.comや@hotmail.comでのメールは届きにくくなっています。Yahoo!やGmailのフリーアドレスでの登録がオススメです。

-コラム, マインド

Copyright© 元根暗コミュ障が教える!人に好かれるコミュニケーション , 2020 All Rights Reserved.