インターネット コラム 会話のテクニック

LINEで仲良くなる3つのポイントと犯してはいけない2つのタブー

投稿日:

ども、そうすけです。

メール講座読者の方から「メールやLINEでの会話について知りたいです」というリクエストがありました。

なので、今回のテーマは「LINEで人と仲良くなるための3つのポイントと犯してはいけない2つのタブー」です。

仲良くなりたい人、好きな人とLINEで距離を縮めたいと考えている人は必見です。

LINEで仲良くなれる人となれない人

大前提として、

LINEで仲良くなれる人となれない人が居ることを知っておきましょう。

文章を書くのが苦手
あまりLINEを開かない人(スマホをあまり見ない人)

などと言った理由でLINEでのやりとり自体が苦手な人が居ます

そういったそもそもLINEが苦手な人とは、どうやってもLINEで仲良くなることは出来ません。

逆に対面でのコミュニケーションよりも、
LINEでのやり取りの方が仲良くなりやすい人も居る
ので、
見極めることが大切です。

返信がものすごく遅いとか文章の量が自分と比べて
あまりに少ないような人はLINEが苦手な可能性が高い
ですね。

LINEで人と仲良くなるための3つのポイント

それでは3つのポイントをお話していきましょう。

1. LINEの送り方を相手に合わせる
2. 感情を意識して伝える
3. 自分から連絡する

一つ一つ解説していきますね。

1. LINEの送り方を相手に合わせる

LINEの送り方は人それぞれ違います。

人によって色んなパターンがあると思いますが、
仲良くなりたい相手に合わせるというのがベストですね。

合わせられるところはいくつかあります。

・言葉遣い
・改行のやりかた
・使うスタンプ

などなど。

全部真似すると流石に相手も違和感を感じると思うので、
1つか2つの要素を相手に合わせるのがちょうどいいでしょう。

心理学で言うなら、
人は自分と似ている人を好きになる「ミラーリング」を活用するというわけです。

2. 感情を意識して伝える

LINEを使った文章でのコミュニケーションは声を使った対面での会話や通話と比べると、
自分の感情が相手に伝わりづらいです。

ですので、意識して感情を伝えようとしないと相手はこちらがどういった気持ちでその発言をしているか分からなくなってしまいます。

具体的な例を挙げます。

一言「つらい」とだけメッセージを送った場合、
相手からするとどのくらい深刻な「つらい」なのかが分かりません。

ゆるい感じのスタンプと一緒に送った「つらい」はそこまで深刻な感じではなく、
冗談めいたような感じだと分かってもらえます。

「うれしいな」とだけメッセージを送っても相手からすると楽しそうには見えません。

しかし、このようにうれしそうなスタンプと一緒に送ると相手にも楽しさが伝わります。

3. 自分から連絡する

仲良くなりたいのであれば相手からLINEがくるのを待つのではなく、
必ず自分からLINEを送りましょう。

「毎回自分から送ってる気がする・・・」なんて悩む必要は全くありません。
仲良くなりたいんだから自分から送って当然です。

ただ毎日送ればいいとかそういうことではありません。
LINEを送る頻度自体は考える必要があります。

特に用事や用件があるわけでもないのに毎日LINEが送られてくるのはウザいと感じる人も居るので、
最低限何かしらの用事や用件を理由にLINEを送るのが無難でしょうね。

特に用事はないけど送ったパターン。

一応用件はあって送ったパターン。

犯してはいけない2つのタブー

ここからはLINEで人と仲良くなりたいならやってはいけない2つのタブーをお話していきます。

1. 相手の返信を急かす
2. 遅すぎる返信を繰り返す

一つずつお話していきます。

1. 相手の返信を急かす

相手からの返信が無かったり、遅かったとしても絶対に返信を急かしてはいけません。
それをやってしまった時点で「この人とはもう仲良くするのはやめよう」と思われてしまいます。

何かしらの期限があってそれまでに返信が欲しいという場合は、
「相手にもいついつまでに返信が欲しい」ときちんと伝えましょう。
もしくは通話をするというのが一番てっとり早いですね。

2. 遅すぎる返信を繰り返す

相手から返信があった時にあまりに遅い返信を繰り返すのはオススメしません。
相手の返信が一日くらいかかるとかなら自分も一日かけて返信するとかでも良いんですが、
相手が10分くらいで返信してくれているのに自分は一日後に返信みたいなのはNGです。 

普段のLINEをどれくらいのペースで返信するかは個人の自由ですが、
仲良くなりたい人に対しての返信ペースは普段の自分そのままではなく、
相手が早い返信ペースなのであれば自分も合わせて早めに返信するのが無難です。

まあ、疲れていたとかでどうしても返信出来なかったという場合もあると思うので、
何度も繰り返さなければ多少返信が遅れても大丈夫だと思います。

まとめ

LINEで人と仲良くなるための3つのポイント

1. LINEの送り方を相手に合わせる
2. 感情を意識して伝える
3. 自分から連絡する

犯してはいけない2つのタブー

1. 相手の返信を急かす
2. 遅すぎる返信を繰り返す

3つのポイントを意識して、
2つのタブーをやらないように気を付けていきましょう。

\ 受講者数5000人以上の大人気メール講座 /
氏名 必須です 
メールアドレス 必須です 
※氏名の欄は本名でなくとも構いません。
※メール講座の受講は無料です。
@iCloud.comや@hotmail.comでのメールは届きにくくなっています。Yahoo!やGmailのフリーアドレスでの登録がオススメです。

-インターネット, コラム, 会話のテクニック

Copyright© 元根暗コミュ障が教える!人に好かれるコミュニケーション , 2021 All Rights Reserved.